へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

デレマス5thライブツアー宮城公演現地レポート~ライブ本番~

 さてさて前回の予告通り、あまり間を置かずにライブ本番部分のレポートを更新ですよ!(`・ω・´)b

 いつもの諸注意に関しては前回の記事に記載しておりますので、今回は省略!
 というわけで、↓の記事を読んでからこの記事を読んで頂くと、より楽しめる内容となっておr……いやそんなことないか、前半部分はオッサンがライブ前にはしゃいでただけの話だし(汗

 

heppoko-chihayap.hateblo.jp

 

 

 ……あ、ちなみに今回の宮城公演は1日目、二日目ともにセトリは全く一緒だったということで、両日まとめての感想となっております。

 ではではでは、続きからどぞー(´・ω・`)ノ

 

出演者

Cute

五十嵐 裕美(双葉 杏 役)
大空 直美 (緒方 智絵里 役)
金子 真由美(藤本 里奈 役)
三宅 麻理恵(安部 菜々 役)
朝井 彩加 (早坂 美玲 役)

Cool

上坂 すみれ(アナスタシア 役)
桜咲 千依 (白坂 小梅 役)
佐藤 亜美菜(橘 ありす 役)
千菅 春香 (松永 涼 役)
東山 奈央 (川島 瑞樹 役)

Passion

鈴木 絵理 (堀 裕子 役)
伊達 朱里紗(難波 笑美 役)
のぐち ゆり(及川 雫 役)
松嵜 麗  (諸星 きらり 役)
杜野 まこ (姫川 友紀 役)

 

 本公演の座長(リーダーではなく座長です)を務めたのは、れいちゃまさんこと松嵜麗さん。
 出演者が公開された時点では、『あんきら!? 狂騒曲』『サマカニ!!』はまず間違いなく披露されるな! という確信はあったものの、それ以外のセトリが予想しづらいと感じた記憶が。
 まぁソロ曲はまだないものの、ユニット曲のメンバーになっている方が多いので、その辺の曲がセトリに組み込まれるかな、という予想は立てておりました。
 ともあれ、どの属性に関しても、ライブ常連組と経験の浅いメンバーで、うまいことバランスがとれている、という印象。
 他にも注目としては、2曲目のソロをまだライブで披露していない方々と、この宮城公演がデレマスライブ初参戦となる朝井さん&のぐちさん&伊達さん
 また、SSA公演に続いて2回目の出演となるちっすーこと千菅さんは、つい先日シンデレラマスターシリーズにてソロ曲『One Life』が発表されており、その初お披露目として注目されておりました。
 あとはまぁ、野球対決の対戦相手が誰になるのか、というのも話題に上がってましたね……ペンギンズとの再戦かも? と戦々恐々としてましたが果たして……?w

 

セットリスト&感想

 今回のセットは、4thライブのものと同様、お城をモチーフにしたものでしたが、前回と比べるとおもちゃ感が増した印象。
 前回のお城のセットよりもデフォルメされていて、本公演のロゴマークの雰囲気に近い、お祭り騒ぎ! という言葉がぴったりなものとなっておりました。

 

協賛コール~アイドル入場

 いつものごとく協賛コール&ちひろさんの諸注意が終わると、マーチングバンドを彷彿とさせるBGMとともにステージ中央のディスプレイが開き、フラッグを持った演者の皆さんが入場!
 "奇跡のようなパレード"というテーマにぴったりな、マーチングバンドの制服をモチーフにした衣装に身を包んだ皆さんの、見事なフラッグパフォーマンスから今回のステージが始まりました!

 

Shine!! Cinderella Girls

 宮城公演、そして全国7箇所を回る奇跡のパレードの開幕を告げるのは、デレアニ2ndシーズンのOPテーマ!
「探していたのは12時過ぎの魔法 それはこの自分の靴で今進んでいける勇気でしょう?「新たな光に/自分に会いに行こう」という歌詞にも表れているように、未来へと一歩踏み出す決意と希望に満ち溢れた歌詞と、デレマス初の全国ツアーという、新たな挑戦のスタートラインに立った演者の皆さんの意気込みがリンクした、そんなパフォーマンスでした!

 

にょわにょわーるど 松嵜(きらり)

 続いての曲は、STARLIGHT MASTER 07で追加された、諸星きらりソロ曲!
 他のアイドルの2曲目のソロですと、各々の新しい魅力をプッシュする印象が強いんですが、この曲に関して、『ましゅまろ☆キッス』以上にきらりんわーるどを加速させたと言いますか……そんな中にも「それぞれが持つありのままの個性を肯定する」っていうメッセージ性が歌詞に込められていて、まさに諸星きらりというキャラクターを象徴する曲、といった印象。
 コールがふんだんに挿入されることもあって、2曲目から会場の空気をこれでもかというほどに暖めてくれたパフォーマンスだったんですが、この後のMCにて松嵜さんから曲中にウェーブを入れたい、というお願いが。
 どんな感じかと言いますと、

  •  曲中で何度か「きらりんアタック!」を発動する箇所があるが、ここで松嵜さんがきらりんアタックを放った方向の延長線上にいる会場のPは、前から後ろへウェーブをして欲しい。
  •  ラスサビ前の「すーぱーすぺしゃるふぁいなるみらくるきらりんアタック!」に関しては左から右へと薙ぎ払う形なので、会場のPはその動きに合わせて右から左へとウェーブしてく。

 ……なんか文字にするとわかりづらいなこれ(´・ω・`)
 ともあれ次の松嵜さんが出演する大阪公演までには、このウェーブが浸透していればな、と思った奏多でした。

 

cherry*merry*cherry 大空(智絵里)

 個人曲パート2曲目は、『にょわにょわーるど』と同じく、STARLIGHT MASTER 07に収録されている、緒方智絵里ソロ曲!
 しっとりとした優しい雰囲気の『風色メロディ』とは打って変わって、気になる人との初デートに胸躍らせる女の子の心情を軽やかに歌うコチラの曲。
 楽しみに思う一方で「はしゃぎ過ぎて嫌われたりしないかな……」と不安になって、おまじないの呪文に頼ってしまう辺りに、智絵里らしさが表れているなと。
 今回のステージでは、歌詞にちなんだ遊園地の映像がバックに映し出されていたんですが、"ハート"という単語が出るたびに、映像に挿入されているハートの飾りに色がついていき、5回目で緑色になる、という仕掛けが。
 ハートが4つ揃って、智絵里のトレードマークである四葉のクローバーになるという、ちょっとした演出の遊び心が面白かったですね。
 最後から数えて2回目の「ちぇーりめーり"ちえり"♪」もしっかり再現していたそらさんでしたが、指を頬にあてて小首を傾げる仕草に思わずドキッとさせられたのはここだけの話……。

 

スローライフ ファンタジー 五十嵐(杏)

 次の曲はSTARLIGHT MASTER 08に収録されている、双葉杏2曲目のソロ曲。
 「働かないぞ!」と声高に言ってるわりにはステージ後の&Pの疲労感が半端ない『あんずのうた』とはこれまた真逆の、双葉杏という女の子の"素"を表現してるかのような、脱力感溢れる雰囲気の曲。
 初披露となった今回のパフォーマンスでは、多少のステップはあったものの、最後までステージ中央から殆ど動かなかった姿がとても印象的……退場もポップアップを利用してゆっくりと降りていく省エネスタイルが、なんともらしいと言いますか……ピースサインが曲の終わりに合わせてすっと消えてくのを見て、『ターミネーター2』を思い出したのはきっと奏多だけでいいと思う……(´・ω・`)

 

Flip Flop のぐち(雫)& 松嵜(きらり)& 鈴木(裕子)

 346Pro IDOL selection vol.5(デレアニBD/DVD9巻特典)にて発表されたこの曲を、デレステイベントでユニットを結成した及川雫をセンターに据え、きらり&ユッコを加えたPaメンバーで披露!
 デレステMVでも確認できますが、この曲はダンスの振付がホントカワイイ……サビの『Flip Flop』で左右の足を交互にぴょんっ、と上げる仕草が奏多的フェイバリットポイントですので、映像化の際は是非注目して頂きたいところ。
 まだソロ曲が追加されていないにとって、この曲が一番の魅せ場となったわけですが、初ステージとは思えない堂々としたパフォーマンスでしたね!
 間奏でも、のぐちさんの呼びかけに応じて会場中のPさんが「もぉぉぉぉぉ!」と叫んで牛になっておりました……ずいぶん牡牛の割合が多いですけども肥育中ですかね?w

 

Angel Breeze 東山(瑞樹)

 川島瑞樹ソロ曲が、フルVerとしては2ndライブ以来のお披露目!  ということで、担当Pの皆さんとしては待ちに待った……! という気持ちが強かっただろうなと!
 MCの度に実年齢が川島さんの年齢に近づいていくことをネタにする東山さんですが、曲のパフォーマンスも回を重ねるごとに、"大人っぽさ"が増しているように感じますし、年をとるのも悪いことばかりじゃないよ、といいたいところ……(汗
 と、ともあれ、この曲と言えばやはりラスサビですよ!
 会場一丸となっての「わかるーわー!」の大合唱は、流石の一言に尽きます(`・ω・´)b
 ……それにしても聴く度に感じるこの〇〇年代を彷彿とさせる懐かしさはなんなんでしょうね……w

 

たくさん! 上坂(アナスタシア)

 STARLIGHT MASTER 10に収録された、発売間もないアナスタシアソロ曲を、これまたステージ初披露!
 これまでのソロ曲とはがらっと雰囲気を変えたアップテンポなメロディに乗って、楽し気に歌うアーニャの歌声が印象的なコチラの曲ですが、ライブパフォーマンスでもその可愛らしさは健在……とりあえず、ところどころでスカートの裾をつまむすみぺの仕草が目に焼き付いて離れません(汗
 ダンサーさんのバレエを意識した踊りも軽やかで、とても見応えのあるステージでした!

 

ミラクルテレパシー 鈴木(裕子)& 杜野(友紀)& 金子(里奈)

 今回新たに結成(?)された新ユニット、『MPYC(マジ・サイキック・野球・超ウケるw)』による、堀裕子ソロ曲!
 ちなみに2日目には『MPYI(マジ・サイキック・野球・いぎなりウケるw)』にグレードアップ(?)しておりましたw
 この曲に関してはホントユッコ担当Pには申し訳ないんですけど、すいません、担当の杜野さん(ユッキ役)しか見てませんでした(汗
 ……いやだってね、奏多&友人Pの席がステージ左側だったんですけども、まっこさんずっと近くにいるんですもんそりゃガン見しますよ(`・ω・´)
 そんでもって今回間奏に挿入されたサイキックルーレットがトドメでした……。
 ディスプレイに表示されたルーレットで、ボールが止まった演者さんが投げキッスをする、という今回の企画。
 ※後ほど分かるんですが誰が当たるのか本番まで本当にわからなかったそうで……(汗
 鈴木さんになるかと思いきや、いつものサイキックパワーでボールが移動し、一日目の投げキッス担当はまっこさんに!w
 当たった瞬間のすっごい嫌そうな顔→からの投げキッス→からの本気で照れる仕草でもうね……もうね!(語彙力の低下
 いやホント一日目にまっこさん当ててくれたユッコにも、いい席当ててくれた友人Pにも感謝しかありませんよ……汗
 ちなみに2日目は金子さんが投げキッスして下さいまして、両日投げキッス回避かと思われた鈴木さんでしたがこの後……w
 やばいなホントに曲の感想全く書いてない……汗


 曲が終わり、静まり返る会場内。
 前回の4thライブSSA公演では、サイキックパワーでまさかの竹達さん(幸子役)を召喚してくれただけに、今回もひょっとして……? という期待は、会場のPさん達はみんな抱いていたことと思われます。
 そしてやはりと言いますか、曲が終わってもステージ上に残ったままの三人。

「ムムムムーン……!」とサイキックパワーを溜め始める鈴木さんの姿にざわつく会場!
 両手を前に突き出すと同時にステージに登場したのは……!

 

Nocturne 東山(瑞樹)& 千菅(涼)& 上坂(アナスタシア)

 流石にサプライズはなかったか……!
 ともあれ、346Pro IDOL selection vol.1(デレアニBD/DVD1巻特典)にて発表され、4thライブSSA公演でのオリジナルメンバーでのステージパフォーマンスが記憶に新しいコチラの曲。
 今回はオリジナルメンバーの川島さんに、デレステでユニット参戦を果たした、そしてアーニャを加えてのCoメンバー三人での披露!
 オリジナルメンバーの貫禄を見せつける東山さん、圧倒的な歌唱力で歌うたびに小さく歓声が上がる千菅さん、そしてマイクを使った巧みなパフォーマンスでPの視線を釘付けにする上坂さんと、三者三様の魅力をこれでもかと言わんばかりに発揮したステージでした。

 

Orange Sapphire Passionメンバー

 イントロが聴こえた瞬間の会場の大歓声が忘れられません……w
 ともあれ、Passion Jewelries!001のユニットソングを、フルVerとしては久々のお披露目!
 4thライブでは開演前のBGMとして流れ、毎回残念な思いをしつつコールを合わせていましたが、やっとライブ本番でのパフォーマンスを観ることができました!
 ホントにね、観てて楽しい聴いてて楽しい、コールもあるからとても楽しいという、ライブのための曲と言っても過言じゃないな、とね!
 オリジナルメンバーの松嵜さんと、今回ライブ初参戦の伊達さん&のぐちさん、そしてJewelries!02、03に参加している杜野さん鈴木さんという、新旧入り混じってわちゃわちゃする感じは、観てて感慨深いものがありましたね。

 

Nation Blue Coolメンバー

 曲が始まってステージ中央のディスプレイが割れ、そこに並び立ったCoメンバー5人のシルエットがかっこいいのなんのってもうね……スポットライトが後光のように差してました、ホントにw
 というわけで続いての曲はCool Jewelries!001のユニットソングを、本公演オリジナルメンバーで披露!
 いやでもまさか、一人もオリメンいない中で披露するってのは意外でした……汗
 正統派のCoolソングなこの曲ですが、Bメロのゆったりとしたダンスが奏多的にはとても好みでして……デレステのMVでも観れますので、気になった方は是非そちらをチェックして頂きたいところです!

 

キラッ!満開スマイル Cuteメンバー

 ちょっと古き良き時代な雰囲気のイントロが聴こえてきた時点で「あれアタポンじゃないの!?」と、会場全体がざわつきました……w
 というわけで、絶賛放映中のアニメ『シンデレラガールズ劇場』4月のOPテーマが予想外の初披露!
 歌から振付から、ホントに何から何までCute感満載と言いますか……オリメンは五十嵐さんのみということで、CD音源とは違った雰囲気で楽しむことができました!
 ……あ、そういえばこの曲のステージでちょっと気になったことが一つ。
 この曲のサビの『お花見しよーよ!→ハイッ!』の掛け声部分、全部言ってるPさんが多かった印象ですが、CDで原曲聴く限りですと言ってるのは後半部分のみのようですので、次に披露される際はお忘れなく~(´・ω・`)ノ

 

BEYOND THE STARLIGHT Sinderella Girls

 ライブ前半戦の最後を飾るのは、デレステ稼働1周年を記念して発表されたコチラの曲!
 4thライブのレポでも言ってた気がしますが、この曲歌詞が好きなんですよ……本家ともミリとも違う、デレマスのアイドル観をうまく表現してると言いますか。
 まだ折り返し地点だというのに、この時点での満足感が半端なかったですねw

 

One Life 千菅(涼)

 担当P待望だった松永涼ソロ曲が、満を持してステージ初披露!
 アイマスライブへの参戦は4thライブが初舞台だった千菅さんですが、ソロ曲がまだなかった当時から既に、そのポテンシャルの高さは賞賛されておりました。
 そしてこの日のステージでも序盤からその歌唱力を遺憾なく発揮していたわけですがね……いやホントにこの曲は凄かった、凄かったんですよ(汗
 特にサビのラスト「Only one life just one life 行こうぜ」の力強さが鳥肌モノ……CD音源以上の歌声を聴かせてくれました。
 この曲について千菅さんが、「この曲はみんなの声が加わって完成する曲」と仰っていたのが印象的……(ちょっと曖昧ですが)
 P冥利に尽きるといいますか、この初披露の舞台に立ち会うことができて本当に良かったと思いました。

 

気持ちいいよね一等賞! 杜野(友紀)

 デレパ第3回公録も含めれば、ライブ4&5度目の披露となりました姫川友紀ソロ曲!
 とりあえずもうね、バットを携えたまっこさんの姿がステージに現れた時点で奏多のテンションはMAXになりますw
 この曲恒例となっている野球対決は、一日目の対戦相手はユッコ率いる『ミラクルマガレーズ』
 サイキックを駆使した変化球を見事打ち返し、ホームランを決めてくれました!
 つかアレ完全にボークじゃね? というツッコミは無しの方向でおねしゃす!汗
 続く二日目、小梅率いる『ブラッディゾンビーズとの対戦では、幽霊による魔球(幽霊”が”投げたのか、幽霊"を"投げたのか……w)に、ライブ初となる空振りを喫します。
 そして場内に響き渡るまさかの「あと一球!」コール!汗
 まっこさんのホームである宮城会場でアウェー感を味あわせるというとんでもねぇ打席でしたが、二球目を見事バットで捉え、こちらも無事にホームランになりました!汗 
 今回のステージはまっこさんの出身地である宮城県ということで、これまで以上に気合いが入っていたように見えました。
 初披露のデレパ公録で、曲の途中で息切れしてしまっていた姿を思い返すと、なんでしょうね……この曲を完全に自分にものにしたんだなぁ、と。
 特にCメロのラインダンスの軽やかさを見てたらこみ上げるものが……。
 パフォーマンスの練度だけでなく、コールの方もだいぶ浸透したようで、これまで以上に会場の一体感を感じることができました!

 

 一等賞で全力を出し切り、疲労困憊の奏多。
 と、そこに追い打ちをかけるかのように、アリーナに鳴り響く時報音w
 というわけでお次の曲は!

 

メルヘン∞メタモルフォーゼ! 三宅(菜々)

 4thライブでさんざん痛い目見たハズなのにね、忘れてましたよ……デレマスライブはこういう容赦ないセトリを平然と組んでくるってことをね!(汗

 不参加の人はSSA一日目のセトリ見てみたらいいと思います……あん時ゃ酸欠になるかと思いましたわ(遠い目
 というわけで、STARLIGHT MASTER 09にて追加された、ウサミンこと安部菜々2曲目のソロ曲を、ライブ初披露!
 『おかしの国のおかし屋さん』『ニャンと☆スペクタクル』を聴いたときと同じく、「え、これライブでやるの……!?」という期待と不安が入り混じった感情を抱いたこちらの曲ですが、そこは流石のまりえってぃ
 変身バンクを彷彿とさせるサビ前や、パンチ→キック→どっかーん!など、映像演出とタイミングを合わせるためにかなりの練習を積んだだろうなぁ、と、観ているだけで彼女の努力の跡が伺えるパフォーマンスでしたね。

 

∀nswer 朝井(美玲)& 桜咲(小梅)& 佐藤(ありす橘)

 デレステでのイベント&美玲のサプライズボイス実装も記憶に新しい、早坂美玲森久保及々星輝子からなるユニットインディヴィジュアルズ』のユニットソングが、ライブステージでフルVer初披露!
 美玲と同じく眼帯を装着してステージに立った朝井さんの姿からも、この曲にかける意気込みが伝わってました。
 今回のステージでは桜咲さん&佐藤さんを引き連れてのパフォーマンスでしたが、今後オリジナルメンバー三人で披露される機会が楽しみになる、そんなステージでした!

……そういやこの曲で思い出しましたが、ライブ終了後のTwitterで「nswer」がトレンドワード入りしてたのは面白かった……みんな”∀”が入力できなかったんだなと(奏多も含めて)w
とりあえずiPhoneですと「すうがく」で変換すると見つけやすいのでオススメですよー。

 

あんきら!?狂騒曲 HapyHappy Twin

 HapyHappy Twinによるユニットソングが、こちらもライブ初となるフルverでの披露となりました!
 デレパ公録で開演前に聴いた時点で、1コーラス目と2コーラス目のギャップに良い意味で衝撃を受けたコチラの曲。
 ざっくり言うと、飴がもらえないからと曲の終了を宣言した杏に、きらりが本気でへそを曲げてしまいます。
あわやユニット解散の危機か、と思いきや、お互いに本音を吐露して無事仲直り、という流れ。
 このお互いの本音部分がなんかこう、常時緩めな奏多の涙腺に訴えかけてくるんですなw
 ラスサビ前の間奏ではコール&レスポンスがあるんですが、2日目の公演では宮城公演限定ということで、「せーんだい!」&「ぎゅーたん!」コールに変更、という嬉しい演出もありました。
 ジャケ絵を彷彿とさせるカチューシャを装着した演者二人の姿や、曲の最後にハグするれいちゃまと、思わず素のリアクションで返すゆきんこさんの姿など、ホントにもうあんきらご馳走様です! という気持ちにさせられるステージでしたねw

 

純情Midnight伝説 金子(里奈)& 千菅(涼)& のぐち(雫)& 三宅(菜々) & 伊達(笑美)

 出演者を見た時、「くるかもしれないけど可能性は低いかなぁ……聴きたいけども」と思っていただけに嬉しい誤算となった、STARLIGHT MASTER 05収録の炎陣によるユニットソング!
 今回はオリジナルメンバーの里奈&に、菜々&笑美&といった個性的な面子を加えてのステージとなりました!
 この曲に関しては各パートの人選が巧いな、と思ったのを覚えておりまして。
 特にそう感じたのが、

  • 『らしくもないと笑われたって これが自分の生き様』を歌うウサミン(まりえってぃ)
  • 『際どいライン攻め抜く』を振り付きで歌う雫(のぐちさん)&ウサミン(まりえってぃ)

 とりあえずこの二点はよぉく覚えてます、えぇ……何が言いたいのかはご想像にお任せしますw

 

Lunatic Show 桜咲(小梅)& 杜野(友紀) & 朝井(美玲)& 佐藤(ありす橘)

 346Pro IDOL selection vol.4(デレアニBD/DVD7巻特典)収録のこちらの曲を、今回はデレステにて結成された新ユニットKBKYZD(カワイイボクとキノコ野球ゾンビどすえ)のオリメンである友紀&小梅に、美玲&ありすを加えた4人でのステージ!
 ……はい、まぁね、お察しの通りここでもまっこさんしか見てませんでしたごめんなさい(´・ω・`)
 い、いやでもね、このステージを観たPさんに感想聞いたら、恐らく結構な人数がまっこさんのことを話題に上げると思うんですよ。
 ステージパフォーマンスはいっつもニコニコしているイメージの強いまっこさんが、キリッとした表情で歌ってる姿はもうね……ギャップにやられましたよホント(汗
 2コーラス目を歌い終え、客席に背を向けるときの流し目がもう目に焼き付いてます。

 

サマカニ!! 東山(瑞樹)& 鈴木(裕子)& 伊達(笑美)& 大空(智絵里)& のぐち(雫)

 STARLIGHT MASTER 07収録の、サマプリによるユニットソングが、満を持しての初披露!
 オリメンの瑞樹&裕子&笑美に加わったのは、&智絵里という意外な人選……特に、持ち歌とはだいぶ雰囲気の違うこの曲を歌うそらさんの新しい可能性を垣間見ましたね(`・ω・´)b
 4thライブで来るかも! と期待していたけれどお預けを食らっていたこともあってか、「レディースアーンドジェントルメン!」の声が聴こえてきた時点でもうテンションMAXになりましたね!
 曲中で頻繁に挿入されるコール&クラップもしっかりしていて、これがライブ初披露とは思えないほどの会場の一体感……出演メンバー観た時からずっと、皆楽しみにしてたんだろうなぁ……かく言う奏多もその中の一人でしたしねw

 

夢色ハーモニー Cinderella Girls

 デレアニ2ndシーズンのOP曲で始まったこのライブの最後を飾るのは、同じく2ndシーズンのED曲であるこの曲。
 ライブ終盤特有の寂しさを感じる一方で、これから全国各地へと続いていくこの後のライブへの期待感が湧き上がってくる、そんな一曲でしたね。
 シンデレラガールズ初となる全国ツアーの最初の公演という大役をやり切った(まぁまだアンコールありますがw)ということで、メンバーの笑顔がどこか誇らしげに見えたのはきっと気のせいじゃなかったと思います。

 

EVERMORE Cinderella Girls

 アンコール1曲目は、4thライブSSA公演でのサプライズ披露が記憶に新しい新曲!
 CDが発売以来ずっと聴きこんできた甲斐あって、今回は余裕を持ってステージを観ることができましたが、ホントいい曲です……。
 演者さんのステージパフォーマンスは勿論のこと、遠くに見えるシンデレラ城目指して駆けていくディスプレイの映像がとても印象に残ってます。

 

お願い! シンデレラ Cinderella Girls

 アンコール曲の定番となりつつある、デレマスシリーズを統括するこちらの曲!
 ライブ初参加の演者さんとライブ常連組の演者さんが一緒になってわちゃわちゃしている光景が、観ていて本当に微笑ましい……泣

 

MC

 ここからは2日間の公演中のMCの中から、奏多が印象に残ってるところをピックアップ!(`・ω・´)b

 

牛タン食べたい!

 他のメンバーよりも一足遅く現地入りしたなおぼうさんこと東山さん
 他のメンバーは前日に牛タンしゃぶしゃぶに舌鼓を打っていた、という話を聞き、マネージャーさんに、
「お願いお願いお願い牛タン食べたいから買って来て下さいお願いお願い!」
 と拝み倒し、開店前のお店で牛タン弁当を買って来てもらった……というエピソード。
 その後、お腹も気持ちも満たされて楽屋でぐっすり眠っていたことまで暴露されておりましたw

 

幻聴かと思ってた……(汗

 デレステユニットでのオリジナルメンバーということで、今回『Flip Flop』にてセンターを務めたちゃんゆりさんことのぐちゆりさん
 今回のステージでは、の個性をアピールするためにちょっとした工夫をしていたそうで。
「歌詞で、"も"のところを、牛さんの鳴き声みたく"もぉー"って歌うようにしてたんです!」
 こういうちょっとした工夫に、演者さんのキャラクターへの想いが伝わってきていいですよね! ……と、ちょっといい話になるかと思いきや、
「練習中一緒に歌ってたとき、幻聴かなって思ってた……w」
 と語る鈴木さん……サイキックェ……汗

 

結局全員やりました

 MPYIの三人で披露した『ミラクルテレパシー』でのサイキックルーレットで、超能力によって一人だけ投げキッスを逃れた鈴木さん
 不公平だ! と騒ぐ他の二人の不満を受けて、Nocturne組の三人から、
「もういっそのこと三人で投げキッスすればいいんじゃない?」
 という、(会場のP的には)嬉しい提案が!w
 協議の末、その場にいたMCメンバー全員が披露する流れになりました……いやホント、恥ずかしがり過ぎでしょってレベルのまっこさんがもう可愛くて可愛くて困った……(遠い目

 

ちっすーかわいいよちっすー

 ステージではその歌声も相俟って、凛々しい、格好いいイメージが先行しがちなちっすーこと千菅さん
ただ、ステージの裏ではそんなこともないようで……?

  • ダンスレッスンの際、「1コーラス目の振りを覚えたらあとは殆ど一緒だから」というアドバイスに対して「Foo〜↑↑↑」と返答。
  • 満開スマイルの振りが可愛くてCuteメンバー以外も振りを覚えている、という話題から、「ちょっとちっすーやってみてよ!」と振られ、
    千菅「あ、アップルジュース〜」
    と、振り付きで曲の一部を披露。

 いやコレが可愛かったですねー……歌い方もそれまでの凛々しさを感じさせない、ふにゃっとした感じだったのがまたなんともよかったw

 

野球以外で教えられることがあるとは……

 出演メンバーの中で、数少ない宮城県出身者のまっこさんこと杜野さん
 そう言えばそらさんも出生地は宮城県だそうですw
 移動中や楽屋では、他のメンバーに地元紹介をしたりと大活躍だったようでして。
「あたしが野球以外でみんなに教えられることがあるとは思わなかったよね〜」
 と、どこか誇らしげに語ってましたw

 

一体何と戦ってるんだ……

 Nocturne終了後のMCで、上坂さんのマイクパフォーマンスが凄い、という話題になりまして。
「そのマイクだけ軽いんじゃないのw」と、冗談交じりに上坂さんのマイクを借りる東山さん
すると、
「……あ、ちょっと私もマイク借りていいですか?」
 と言って、今度は東山さんのマイクを受け取る上坂さん
 そして唐突に謎の決めポーズ!
 困惑する東山さんに、
「いや、運動できない人特有の格好いいポーズとりたくなるやつw」
と弁明する上坂さんに、
「一体何と戦ってるの……?」
と、呆然と呟く東山さんがツボでしたw

 

f:id:heppoko_chihayap:20170527000929j:plain

アーニャのロシア語講座

「馬車のサインにロシア語書いてたんですけど分かりました?」
という一言が発端となり、たくさん!冒頭のロシア語の練習がはじまりまして。
すみぺ「один♪」
会場のP「あじーん」
すみぺ「два♪」
P「どゔぁー」
すみぺ「три♪」
P「と、とるぃー?」
すみぺ「четыре♪」
P「……んんん!?????」
 "4"の時点で躓くP達でしたw

「巻き舌できないと厳しいね」
 という感想に対して、
「あー巻き舌できないとロシアで生きていけませんねw」
 と笑いながら言い放つ上坂さん
 するとまっこさんが、
「巻き舌の練習だったら札幌らーめんって繰り返すといいよ! いや札幌じゃないここは宮城……宮城だから……ずんだ?ずんだらーめん?」
 謎の料理が生まれました……汗

 

まっこの宮城弁講座

 2日目の最初のMCにて唐突に始まったまっこさんの宮城弁講座w

  • とても、すごく=いぎなり(地元民的には全ての文字が濁音になるイメージ)
  • 可愛い=めんこい
  • それな!=んだから!(地元民的には以下略)

 ……ということで、ステージの演者の皆さんへ向かって、
「いぎなりめんこい!!!!」
 と叫ぶ会場のPたちに対し、
「んだからぁ!」
 と返す演者の皆さん……という、宮城公演ならではの一コマがありました。

 

悔し涙を笑顔に!

 そんなまっこさんでしたが、会場のセキスイハイムスーパーアリーナ(旧ゼビオアリーナ)は思い出深い場所だったそうです。

 高校時代、バレー部に所属していたまっこさん
 大会の会場としてよく利用されていたのがこの場所で、ライブステージになっていたアリーナは表彰式の会場でした。
 なかなか部活では良い成績を残せず、「いつかあのステージの上に立ちたい……!」といつも悔し涙を流していた会場に、今こうして、違う形ではあれど、立つことができたのが嬉しかったそうです。
「今度は自分が、皆さんの悔し涙を笑顔に変えられるように頑張ります!」
 と、笑顔で語る姿が眩しかったですね。

 

嵐を呼ぶアイドル

 ボイス実装の興奮冷めやらぬうちに宮城公演へのサプライズ出演が発表された、早坂美玲役の朝井彩加さん
 初登場の舞台への意気込みは、アリーナ前に飾られていたサイン色紙にも表れていたわけですが、その結果……と言いますか、まさかホントに嵐を呼んじゃったといいますか汗

 

f:id:heppoko_chihayap:20170527002225j:plain


 いや地元民としても、ここまで天気が荒れることって宮城じゃ珍しかったんですよ……いやホントに嵐を起こしたなぁ、と汗

「ウチが最強アイドル、早坂美玲だ!!!」
 と声高に叫んだ姿がとても印象的でしたね。

 本当に、見事な初舞台だったと思います!

 

10年後もその先も!

 ウサミン一曲目の『メルヘンデビュー』の歌詞に「いつかアニメの主役になります!」という一節があります。
 そして二曲目のソロ曲となる『メルヘンメタモルフォーゼ』では、見事にアニメの主役の座を勝ち取ったウサミン……担当Pとしてはきっと感慨深いものがあったことと思われます。
 そして、この曲にはさらにこんな歌詞がありまして。
「ついにやっと……ここまで……! 10年後もその先も!」
 この一節をうけてアンコールでの最後の挨拶では、
まりえってぃ「わたくし、10年後もウサミンとしてこの曲をね、歌い続けていきたいと思います!」
P「おぉー!!!」
まりえってぃ「今おーって言いましたね!? いいんですね私本気でやりますからね!? 私もう今日しか言いませんからね!?」
 ぜひ続けてほしいところですね、はい(`・ω・´)b

 

サイキック未来予知!

 『ミラクルテレパシー』にて、奏多の近くでまっこさんに投げキッスをさせてくれるというサイキックファインプレーを見せてくれた鈴木さん
 一日目アンコールでの最後の挨拶にて、
鈴木「一つ、予言を残そうと思います……」
P「おお!」
鈴木「近い将来、またこの会場に帰ってくることになります!」
P「お、おぉ……!(困惑)」
鈴木「具体的には24時間後くらいに!」
P「www」
 この困惑が面白かった……まぁね、立地にちょーっと……いやかなり? 問題がありますからねえ……「え!? またここでライブすんの!?」という、素直に喜べない空気を会場全体から感じ取れました(苦笑

 

\座長!/ \ 座長!/

 今回のステージの座長(言い出しっぺは忘れましたが……w)、いわゆるリーダーポジションを務めていたれいちゃまこと松嵜さん
 ソロ曲パートの開幕を見事にこなすなど、ライブステージで大活躍だった彼女ですが、舞台裏でもリーダーシップを遺憾なく発揮していたようで。

  • ステージ前、緊張する伊達さんにすれ違いざま、「頑張ろうね(イケボ)」と声をかける。
  • 同じくステージ前、佐藤さん「元気?(イケボ)」と声をかける。この時の佐藤さんの返答が「幸せを噛み締めてます……」だったそうです……(泣
  • 開演前に大空さんに円陣の掛け声を任せる。ちなみにこの時に生まれた名言が「Be positive!」だったそうで。
  • ソロ曲を持たない演者さんに見せ場を作るため、「曲中に言うセリフを考えてみて」と提案し、思いつかなかった場合が一緒に考えてあげたりもしていた。

 ……これだけ見ても、れいちゃまさんの存在が宮城公演成功の一因となっていたのが伝わってきますね。

 

てなわけで

 想像を遥かに超える盛り上がりとなった二日間。
 セトリを全く変えてこなかったのはちと意外でしたが、おかげで前日見逃していたものをしっかりと見返すことができて、レポを書く上ではとても良かったですw
 あと意外だったのは、二日間通してソロ曲を歌わなかった桜咲さん&佐藤さん
 今回のライブでは前に出る、というよりも、新人のサポートに徹していたような感じでしたが、それでも要所要所で存在感をアピールしていたのは流石の一言に尽きます。
 ただまあ、ソロ曲が聴きたかったなぁ……と思ってしまいます(´・ω・`)
 お二人に関しては今後のツアーに出演する機会がありますので、ソロ曲の披露はその時、ということなのでしょうね。

 全体的な構成としては、4thライブSSA公演一日目の『Brand new Castle』で見せてくれた新たなデレマスライブの形を思い起こさせるものになったな、という感想。
 ソロ曲を持っていないアイドルが、その個性を存分に発揮することができる、一人一人にしっかりとスポットライトが当たったライブステージだったように思えます。

 また、各アイドルの既存イメージをいい意味で壊しにきたといいますか……智絵里&『サマカニ!』や、『純情Midnight伝説』に今回参加した三人、『Lunatic Show』まっこさん(この場合は一応オリメンですが……)といった風に、「この人こういう曲もいけるんじゃん!」という新たな発見があって、そういう点でもとても挑戦的なライブでしたね。

 さてさて、奇跡のようなパレードはまだまだ続きます!
 次回の石川公演は奏多は不参加ですが、まず間違いなく盛り上がるだろうという確信がありますね!
 参加される方は是非是非、楽しんできてください!
 僕は次の現地参戦に備えて名刺をね……おっとこの辺の話は次の記事で(汗

 

 ではでは、次のライブまでおっつおっつばっちし☆

 

f:id:heppoko_chihayap:20170527002459j:plain