へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

765 MILLIONSTARS台湾公演2日目ライブレポ!(LV in 仙台)

 いやーついに始まりましたねデレマス5thライブツアー!
 奏多の地元である宮城県がツアーのスタートを飾るということで、これは是が非でも現地参戦したい……! という願望が天(と書いて"うんえい"と読む)に通じ、両日現地参戦が叶ったわけですが……いや初回公演から(天候的なアレコレも含めて)色々フルスロットルだったなとw
 つか宮城であそこまで天気が荒れたのって今年に入って初だったんじゃなかろうか……つくづくアイマスは荒天に好かれているというかなんというか(汗

 というわけでですね、今回はそんなデレ5th宮城公演2デイズの感想ではなく、去る4月23日に開催されました、THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWANのレポートをお送りしようかなと(汗
 いや副業&家のアレコレの関係で両日ともLV参戦諦めていたんですがね、なんやかんやで2日目だけどうにか参戦することが出来たっていうね……まぁ武道館1日目LVに続いてまた仙台駅構内を全力疾走してしまいましたが(汗
 疾走した馬鹿が言うのもなんですが、駅構内で走るのは本当に危険ですので、絶対にマネしないでください……自分ももうしません……(´・ω・`)

 

 というわけでまずはいつもの諸注意から↓

 

  • このレポは基本的にノリと勢いで書き進めた類のいわば駄文です。なので支離滅裂な文章、著しい語彙力の低下、誤字脱字、興奮したヲタクにありがちな意味不明な表現が多々あるかと思われますが、ご了承下さい。
  • いつものごとく、感想の文量に多少? の偏りが生じております。各アイドル担当のPの皆様に置かれましては、「あそこを見逃してるなんて見る目がないなぁ……担当じゃない奴はこれだからw」といった感じの寛容な心で流して頂ければ幸いです。
  • ライブ中何度か放心状態になっていたこともあり、覚え違い、記憶の捏造がちょいちょいあると思われます。もし発見した際にはコメントやTwitterなどで教えて頂ければすぐに修正させて頂きます。

 まぁいつもの如く、電車の広告をぼんやり眺める程度のノリで楽しんで下さいw

 ただ今回に関しては諸事情によりそこまで語彙力の低下はなく、冷静にステージを観ていられたような……?

 感動を共有したPさんには当時の情景を思い出す際の一助に。

 会場に足を運べなかった&運ばなかったPさんには、少しでもライブの感動が伝わって、次の公演への参加意欲、BD購入意欲を燃やして頂けるような記事に出来れば、と思っとります!

 ちなみに今回のレポは以前と同じ書き方に戻しました……なんでしょうね、あの書き方だとなんかこう、しっくりこなかったと言いますか……やっぱ多少時間かけても一曲一曲丁寧に書いてくのがいいかなぁ、と思った次第でして(´・ω・`)

 

 ……よろしいです?

 では続きからどぞどぞ!

 

 

 

 

 

 

出演者

765PRO ALLSTARS

中村 繪里子(天海 春香 役)
今井 麻美 (如月 千早 役)
浅倉 杏美 (萩原 雪歩 役)
下田 麻美 (双海 亜美・双海 真美 役)
原 由実  (四条 貴音 役)
沼倉 愛美 (我那覇 響 役)

MILLION STARS

山崎 はるか  (春日 未来 役)
Machico (伊吹 翼 役)
稲川 英里   (大神 環 役)
愛美      (ジュリア 役)
末柄 里恵   (豊川 風花 役)
野村 香菜子  (二階堂 千鶴 役)
麻倉 もも   (箱崎梨花 役)
渡部 優衣   (横山 奈緒 役)

 

セットリスト & 感想

READY!! 765 MILLIONSTARS

 ステージの開幕を告げるのは、アニメ「アイドルマスター」第1クールOPのコチラの曲。
 出演者リストを見てわかっていたこととはいえ、765PRO ALLSTARSとMILLION STARSが同じステージの上で一堂に会する光景ってのは壮観です!

 

MILLIONSTARSメドレーコーナー

ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン 渡部(奈緒中村(春香)

 メドレー1曲目は、リコッタにて同ユニットだった二人による奈緒LTPソロ曲。
 ミリオン曲の中でもダンスが激しい曲ですが、そこをきっちりこなす中村さんは流石の一言!
 前情報で「今回はメドレーVerだから1コーラスのみ」と分かっていたのに、1コーラス目からすぐラスサビ前の間奏が始まったときは戸惑いましたね汗
 まぁそれだけステージに魅了されていたということで……w

BOUNCING♪ SMILE! 稲川(環) 沼倉(響)

 ミリ3rd名古屋公演以来の披露となるコチラの曲を、沼倉さんと一緒に披露。
 名古屋のときも言いましたけど、やっぱりイントロの「く・ふ・ふ・ふ!」の動きが可愛いんですよねこの曲……タイトルの通り、ステージの上を跳ね回るように元気いっぱいに踊る二人の姿がとても印象的。

恋のLesson初級編 Machico (翼)下田(亜美・真美)89

 ポンポンを振りながらのダンスが可愛らしい翼LTPソロ曲を、今回は下田さんを交えて披露。
 最初のサビ後のコールを「ラブリーまちこ!」と言うべきか「ラブリーあさぽん!」と言うべきか、数秒の葛藤があったのはココだけの話です……w
 ただこの曲なぁ……回を重ねるごとにコールがひどく(悪い意味で)なってくのが残念……(´・ω・`)

トキメキの音符になって 麻倉(星梨花浅倉(雪歩)

 星梨花のLTPソロ曲を、今回は麻倉さんとデュエットで披露。
 ステージの感想としてとりあえず言えるのは、

「可愛い+可愛い=とても可愛い」

 こういうことですね、えぇw

プラリネ 愛美(ジュリア)

 可愛らしい曲が続いたところで、次はカッコいい曲を! という呼び込みとともに登場したのは、奏多の担当アイドルジュリアのLTHソロ曲!
 お馴染みのギターパフォーマンスも冴え渡っており、いやホントこれは1コーラスのみなのが勿体ない……いやどの曲に関しても言えることなんですけどもね?
 台湾ツアーのガイドさんがジュリア担当になるのも頷けるステージでしたw

bitter sweet 末柄(風花)

 次の曲は少し切ない大人の恋心を歌う、風花のLTHソロ曲。
 なんでしょう、末柄さんの動きに魅了されるんですよ。
 仕草の一つ一つが様になってるというか。
 サビの「眠れない夜は君を思う 眠らない夜は君を思い出す」という歌詞に合わせて、すこし寂しげに微笑みながらカメラに向かって手を伸ばす姿がとても綺麗だったのを覚えてます。

恋心マスカレード 野村(千鶴)今井(千早)

 千鶴のLTPソロ曲を、今井さんとのデュエットで披露。
 今井さんはサビのコーラスを担当するなど、一歩後ろで野村さんの魅力を引き立てるのに徹していた印象。
 それでもしっかりと存在感をアピールしていたように感じられる辺りに技量の高さが伺えます。 

透明なプロローグ 今井(千早) 原(貴音)

 今回、インフルエンザにより出演を急きょ出演キャンセルとなった伊藤さん(百合子役)に代わり、今井さん&原さんが百合子のLTPソロ曲をデュエット。
 急な変更だったにも関わらず、きっちりステージをこなした今井さん(歌い終わった後のちょっと悔しそうな表情を見る限り、原さんも急きょ参加したのかも)は流石というか、ホントなんなんだこの人……という気持ちになりました。
 あと、サビで百合子の歌声が挿入されており、みっくの不在を残念に思っていたPさんにとっては嬉しい演出だったと思います。

素敵なキセキ 山崎(未来)

 もはやミリマスライブ定番曲と言ってもいいと思う、未来のLTPソロ曲。
 観客を巻き込む力、という意味でこれほど力強い曲はアイマス界隈でもそうそうないんじゃないかなと思いますが、その魅力は海を渡っても健在でした。
 間奏では今回は流石にウェーブを挿入する、なんてことはありませんでしたw

Welcome!! MILLIONSTARS

 1日目のセトリではここでDIAMOND DAYSが来ていたようで、驚いている方が多かったように思われます。
 武道館では予想外となる全日程でのお預けを食らったLTHシリーズ全体曲がここで披露となりました。
 どのシリーズに関しても言えることなんですが、やっぱりコールも多いこともあって、全体曲は聴いていて&観ていてとても楽しいですね。

 

765PRO ALLSTARSメドレーコーナー

乙女よ大志を抱け!! 中村(春香)麻倉(星梨花

 765ASsパートの開幕を飾るのはやはりと言いますか、春香のソロ曲!
 今回は麻倉さんと一緒に私流格言を歌い上げていました。
 ここまでの曲もそうでしたけど、先輩後輩が一緒になって歌うとその曲のまた新たな魅力が垣間見えてとてもいい! 

ALRIGHT* 浅倉(雪歩)愛美(ジュリア)稲川(環)

 雪歩のソロ曲を歌うのは、奏多としては中々に意外な人選でしたね。
 ジュリアに関してはたぶん↓の繋がりでしょうか?w

f:id:heppoko_chihayap:20170501163226p:image

 パフォーマンス後のMCにて、練習時にあいみんがあずみん「自分にできることがあれば何でも言って下さい」とメールを送っていたエピソードが披露されておりましたが、稲川さんも勿論のこと、その意気込みに恥じない、見事なステージでしたね。

スタ→トスタ→ 下田(亜美・真美)山崎(未来)渡部(奈緒

 ミリオン”スターズ"のセンター春日未来&関西の"星"こと横山奈緒を交えての、亜美・真美ソロ(?)曲。ちょっと苦しいか……?汗
 独特な雰囲気を持つこの曲の世界観を見事に表現していましたね。
 特にゆい㌧は声質があさぽんに近いからか、この曲にぴったりマッチしていたように思えます。
 ぴょんちゃんに関しても、曲中の「んふっふ~」を「でへへ~」にアレンジしたりと、負けじとその魅力をアピールしていました。

Pon De Beach 沼倉(響)Machico(翼)

 OFAのDLC追加シナリオにて発表された響のソロ曲を、LTDシリーズでもコンビを組んだ翼とともに披露。
 Machicoさんに関しては、LTFでBonnes! Bonnes!! Vacances!!!を歌っていたこともあるからか曲の雰囲気にもうまくハマっていた印象。
 一足お先に真夏のビーチを体験させてもらいましたw

風花 原(貴音)末柄(風花)野村(千鶴)

 風花が風花を歌うんですね……ふふっ

 お次は風花&千鶴を交えて歌う、貴音ソロ曲。
 末柄さんについては大阪公演のカバーソングコーナーで一度歌っておりましたが、貴音と一緒に歌うのが夢だったと嬉しそうに語るMCが印象的。
 さらにそこに野村さんが加わることで、張り詰めた魅力がさらに引き立てられていたように感じられます。

蒼い鳥 今井(千早)

 奏多の担当、765プロの歌姫如月千早のソロ曲がここで登場。
 M@STER Ver.ではなくて、ゲームVer.を聴くのはなんだかかなり久しぶりだったように思います。
 ゲーム開始直後、Pに心をまだ開いていない千早の、危ういまでの真剣さ、張り詰めたような緊張感がこれでもかというほど発揮され、魅入るあまりにサイリウムを振る手が途中で止まってしまったのを覚えています(苦笑

Happy! 765PRO ALLSTARS

 1日目の自分REST@RTに変わって、プラチナスターズテーマ曲がここで登場です。
 ライブステージでの披露は(知る限りでは)プロ三―以来となるこの曲ですが、やっぱり765プロアイドルの団結力を感じられてとてもいい曲だな、と改めてASsの地力の高さを見せてくれました。

765 MILLIONSTARSコーナー

GO MY WAY!! 麻倉(星梨花中村(春香)渡部(奈緒

 今回生まれた新たな呼び名"765 MILLIONSTARS"。
 その名前を関したコーナーの先駆けとなったのは、疾走感あふれるコチラの曲。
 MSs側の人選としてはなんでしょう……"乗り物"つながり?
 ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーンしかり夢色トレインしかり……これまた苦しいですかそうですか汗
 オリジナルの仁後ちゃんに代わり、もちょがその魅力を存分に発揮していた印象があります。

ジャングル☆パーティー 下田(亜美・真美)稲川(環)

 武道館に続いてのお披露目ですが、今回はLTDシリーズのオリジナルメンバー!
 あさぽんもそうでしたけど、稲川さんも完全に野生に還ってましたね……間奏のパフォーマンスがなんというか……うまく形容する言葉が見つからないんですが、目に焼き付いてます(汗

 ただ惜しむらくは、隣にいた厄介がジャンプして奏多の足を踏みつけてきたせいでステージに全く集中できなかったことでしょうか……(´・ω・`)

Persona Voice 浅倉(雪歩)野村(千鶴)

 こちらもLTDシリーズオリジナルメンバーでの披露となるデュエット。
 ここまで歌った曲では可愛らしさをアピールしていたあずみんが、かっくと一緒にこの曲でキリッとした格好良さを発揮していたのは本当に流石の一言。

Eternal Harmony 今井(千早)愛美(ジュリア)末柄(風花)

 LTHで結成されたユニット「エターナルハーモニー」のオリジナルメンバー3人によるユニットソング。
 大概の千早Pに共通して言えることですが、楽しそうに歌う千早の声を聴くだけでまず泣けます。
 それに加えて奏多の担当二人がステージの上で共演しているとあったらもう感無量としか言いようがありません……いや当然末柄さんのパフォーマンスもお見事だったんですよ?汗
 間奏の「いやん!」の後に恥じらってるミンゴスの姿が忘れられません……。

深層マーメイド 沼倉(響)Machico(翼)

 Pon de Beachとは真逆の、疾走感あふれるシリアスなナンバーということで、歌っている人間は同じなのに雰囲気が全く違うというギャップに目を奪われました……。
 ミリ3rd公演で披露されたMachicoさん&ゆい㌧のステージが今でも印象に残っているんですが、そこはやはりオリジナルメンバーの風格というか貫禄というか……ステージの上ですれ違い、背中を預けて踊る姿に魅入るばかりでした。

秘密のメモリーズ 原(貴音)末柄(風花)

 お次は前の曲とは打って変わって、貴音と風花が歌うちょっと切ないラブソング。
 決して激しいダンスがあるわけじゃないのに目を奪われるのはやはりポーズの決め方が巧いということなんでしょうか……。
 はらみーは言わずもがなですが、今回のライブは末柄さんの魅力に気付かされたライブでした……汗

ハルカナミライ 中村(春香)山崎(未来)

 3rdツアー幕張公演では未来と静香が歌ったこの曲が、待望のオリジナルメンバーでの披露となりました!

 本当に楽しそうに歌う二人の姿は、歌詞の内容も相俟って、今回のライブを象徴するかのような、そんなステージでした!

 

 

Dreaming!(Long Intro Version) 765 MILLIONSTARS

 LTDシリーズの全体曲を今回の出演メンバー全員で披露!

 ミリマス3rdライブツアー、4thライブ3デイズと、ここまで何度も耳にしてきたこの曲ですが、MSsの面々が765ASsの6名と同じステージに立って一緒に歌った今回のステージはまた違った雰囲気がありました。

 総勢50人のメンバーで作り上げていくであろう、新しい765プロの未来を感じさせてくれる、そんなステージでしたね!

 

M@STERPIECE 765 MILLIONSTARS

 アイマス屈指の名シーン、"5分30秒の衝撃"が印象的な劇場版の挿入歌を、こちらもメンバー全員で披露!
 メンバーの中でも特に、劇中にも訓練生として登場していた奈緒、星梨花が、先輩と肩を並べて歌い踊る姿というのは、アニマス大好きPとしては目頭がね……これで百合子もいたら、と思ってしまうのは仕方ないことですよね(´・ω・`)
 アウトロのラスト、静かになっていく曲をバックにして、皆で手を繋いでいく姿がホントなんというか、眩しかったですね……泣

 

アンコール

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS

 アイマスアンコールの定番といえばやっぱりこの曲!
 ミンゴスにチューをねだるぴょんさん、どさくさに紛れてもちょに抱き着くはらみーなど、見所は盛り沢山でしたね……w
 きっとLVカメラに写ってなかったところでも色々起きてたのではなかろうか……映像ソフト化が待ち遠しい限りですね、はい(`・ω・´)

 

The world is all one!! 765 MILLIONSTARS

 単独ソロライブとしては初めて日本を飛び出した今回のライブステージの締め括りとしては、やはりこの曲しかありません!
 さらに言うならこちらの曲はアニメ第1話のエンディングテーマでもあったわけで、ここから765プロの物語がまた新たにスタートするんだと、そんな意味合いも込められてたのかなと思ったり。
 ともあれ、台湾に舞台を移しても、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた今回のメンバーには本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

というわけで…

 765プロオールスターズとミリオンスターズが共演した大きなライブとしては、10th以来となりましたこの公演。
 ライブパートの合間に挿入されるMCなんかを観てても強く感じたのは、「だいぶメンバーの距離が縮まったな」ということ。
 当時、(BDで観た限りでは)まだまだ「ゲスト感」が強かった当時のMILLION STARSの面々が、先輩後輩という経験値の差は当然あるとはいえ、肩を並べて「共演」しているステージに、全国ツアー武道館公演といった、舞台経験を重ねて行く中で培ってきた自信、頼もしさが垣間見えて、ミリ3rdライブから彼女たちを見てきた新参の身でも、なかなかに感じ入るものがありました。
 そしてそんな後輩たちをいじり倒s優しく受け止める先輩たちの姿に、 "765 MILLIONSTARS"という新たな呼び名にこめられた意味、765プロの"これから"の形が見える、そんな楽しいライブだったように思えます!

 

 

 

 ……そして! 765プロの未来が見えたところで、お次はシンデレラガールズのターンが始まるわけで!
 アニメの物語に一つの区切りをつけた(と奏多は感じた)4thライブを経て、彼女たちが全国を回りながらどんな新たな物語を紡いでくれるのか、コチラも楽しみで仕方ありませんね!

 というわけで今回はこの辺で。おっつおっつばっちし☆