へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

ミリマス4thライブ武道館公演現地レポート ~Bluemoon Theater(二日目)編~

 初日からフルスロットルで駆け抜けた武道館公演一日目『Sunshine Theater』が終わり、とりあえず腹ごしらえをすることにした奏多&いつもの友人P。

 とは言え時間もそれなりに遅く、加えて高速バスの発車時刻を考えるとそこまで仙台駅から離れるわけもいかず、捜索範囲は駅前周辺に絞ることに。

 結果、適度に空いていたサイ〇リヤへと入店。

 席に案内されて人心地つけば、話題に上るのは先ほどのライブの感想なわけですが……。

 

友「今回わたくし、一つ気付いたことがありまして」

奏「聞こう(お、ブログ案件くるかな?)」

友「カレー(NO CURRY NO LIFE)聴いてて思ったんですけどもね」

奏「ふむ」

友「どうやら女の子に『ダメ!』って言われるとめっちゃテンション上がるっぽい」

奏「……うん(とりあえず二日目のレポの冒頭はコレで決まりかな)」

 

 ちなみに友人P、デレマスの小日向美穂ちゃん『Naked Romance』『空と風と恋のワルツ』が好きでして……成程なぁ、って(´・ω・`)

 ※何で納得してるのかか分からない人は上記二曲をご試聴、もしくは歌詞を観れば意味がわかりますw

 

 閑話休題

 

 いよいよ幕が開いた夢の「ぶどーかん」、アイドルマスターミリオンライブ! 4thライブ『TH@NK YOU for SMILE!!』3デイズ公演。

 二日目となる『Bluemoon Theater』は、友人Pのおかげで現地での参加となりました!

 奏多の担当ジュリア(愛美さん)&つい先日担当になることを決意した紗代子(駒形さん)が同ユニットで歌う姿&ソロ曲を生で観れる機会となれば、そりゃもう興奮しないわけがありません!(汗

 『Sunshine Theater』ではTA01メンバー&乙女ストーム全員集合という、ミリオンスターズメンバーが一堂に会したライブならではのサプライズを披露してくれたわけですが、一日目に引き続いて二日目もTA曲は披露されたのか!? そして更なるサプライズの登場はあるのか!?

 というわけで、今回もライブレポをお届けしていきますよ!(`・ω・´)b

 

 というわけで、一日目&三日目のライブレポはコチラから↓

  1.  一日目↓

    heppoko-chihayap.hateblo.jp

  2. 二日目←今ココ
  3. 三日目←鋭意執筆中汗

 

  まずはお決まりの諸注意です!↓

  • このレポは基本的にノリと勢いで書き進めた類のいわば駄文です。なので支離滅裂な文章、著しい語彙力の低下、誤字脱字、興奮したヲタクにありがちな意味不明な表現が多々あるかと思われますが、ご了承下さい。
  • 今回ちょっと諸事情により、感想を述べているアイドルに偏りが生じております。各アイドル担当のPの皆様に置かれましては、「あそこを見逃してるなんて見る目がないなぁ……担当じゃない奴はこれだからw」といった感じの寛容な心で流して頂ければ幸いです。
  • ライブ中何度か放心状態になっていたこともあり、覚え違い、記憶の捏造がちょいちょいあると思われます。もし発見した際にはコメントやTwitterなどで教えて頂ければすぐに修正させて頂きます。

 

 まぁいつもの如く、電車の広告をぼんやり眺める程度のノリで楽しんで下さいw

 感動を共有したPさんには当時の情景を思い出す際の一助に。

 会場に足を運べなかった&運ばなかったPさんには、少しでもライブの感動が伝わって、次の公演への参加意欲、BD購入意欲を燃やして頂けるような記事に出来れば、と思っとります!

 ちなみに今回のレポはこれまでと違う形式で記述しておりますので、どちらの方が読みやすいか、ご意見頂ければ幸いであります(`・ω・´)b

 

 ……よろしいです?

 では続きからどうぞ!↓

 

 

 

一日目終了後…

 

 そんなこんなで友人と感想を駄弁りつつ、本来の目的である腹ごしらえをするわけですわな。

 注文するメニューは、そりゃもちろん「NO CURRY NO LIFE」にちなんでカレーr……ん?

 

f:id:heppoko_chihayap:20170416221549j:plain

 ハヤシライス……お前……カレーじゃなかったのか……!

 ハイこれがやりたかっただけですごめんなさい(´・ω・`)

  そんな茶番を挟みつつも腹ごしらえを済ませ、高速バスに乗り込んで一路東京へ!

 

f:id:heppoko_chihayap:20170416221502j:plain

 帰ってきたぞ新宿駅

  デレパ公録以来ということで、大体一か月ぶりの東京でしたね、はい。

 ここからは東京の地理に明るい友人Pの先導のもと、電車を乗り継ぎ、武道館最寄りの九段下駅を目指します。

 5時30分頃、ついに……!

f:id:heppoko_chihayap:20170416223140j:plain

奏多「ついに着いたぞ武道館……!」

友P「いやまだ着いてない。武道館はもう少し先」

奏多「(´・ω・`)」

 気を取り直して門をくぐり(後から調べましたが田安門っていうそうで)、武道館に到着! 早速物販列に並びます!

 

物販編

 いつもは奏多はCD列に、友人Pは物販列に並んでいるんですが、今回は奏多の方が物販で買うものが多い、ということでいつもの逆の布陣に。

 

f:id:heppoko_chihayap:20170416224019j:plain

 始発組から少し遅れて並んだこともあって、前の方ではあるものの、目的のものは買えるかどうか、といった雰囲気……。

 ちなみにこの時の奏多の狙いは3つ。

  • ちまドル 瑞希のトランプ

    f:id:heppoko_chihayap:20170416224656j:plain

  • ミニッチュ ジュリアセット

    f:id:heppoko_chihayap:20170416224714j:plain

  • ミニッチュ 紗代子セット

    f:id:heppoko_chihayap:20170416224732j:plain

 特に紗代子セットは、メガネドレッサーの奏多としては実用性が高くてぜひ手に入れたいところでした。

 前日物販&物販一日目の完売情報を見る限り、この中で購入が難しそうなのは瑞希のトランプかなぁ、と思いつつ、いつもの如く隣のPさんと雑談を開始。

 このライブ限定で発揮される謎のコミュ力をなぜ日常生活に活かせないんだ自分……(´・ω・`)

 東北生まれ東北育ち新潟在住経験ありということで寒さに強めな奏多的には少し肌寒く感じる気温でしたが、隣のPさんは半袖でも全く平気な様子……汗

 「だれ? らじ」や、駒形さんが主題歌を歌っている「キラキラ☆プリキュアアラモード」のイベントにも参戦していた中々の強者Pさんで、なかなか興味深い話を色々聞かせてもらいました。

 途中、トイレ休憩を兼ねて、武道館の西口をお散歩カメラ↓

f:id:heppoko_chihayap:20170416230616j:plain

 

 掲げられたに、「本当に武道館に来ちゃったんだなぁ……」と実感しつつ、遠目から出演者のメッセージが書かれた看板を一つ一つ眺めてました。

 ここでやはり気になったのは、一つだけ真っ白な看板。

 ※上の写真ですと「R」の上ですね。

 体調不良のため、今回のライブ出演を見送った種田さん(琴葉役)の看板です。

 今回の舞台に立てない種田さんや、彼女の復帰を待つPさんの心境を思うとなんとなくしんみりするものがありましたね。

 それだけに、最終日のアレコレが感動を……というのはまぁ後述しますか。

 

 物販列へと戻り、隣のPさんとアイマス関連の雑談に花を咲かせていると、あっと言う間に物販開始時刻に。

 これまた早めの完売が予想される「茜ちゃん人形」狙いのPさんとお互いの健闘を祈りつつ、途中でお別れ。

 開始8分で「天空騎士団七の誓いTシャツ」売り切れの一報に戦慄を覚えつつ、自分の番を待ちます。

 そしてついにレジ前に到ちゃk

スタッフ「瑞希トランプ完売でーす!」

奏多「(´・ω・`)」

 ……うん、なんとなーく買えない予感はしてたさ。

 

f:id:heppoko_chihayap:20170418151034j:plain

 とりあえずほかの二つはきっちりゲットできましたので良しとします(´・ω・`)

 

名刺交換! のその前に……

 その後、いつもの名刺交換タイム!

 ……とする前に、まず武道館の地に立ったジュリアPとしてするべきことがありました。

 

f:id:heppoko_chihayap:20170418232056j:plain

 そうですコレです(`・ω・´)

 個人的にはミニッチュ付属特典よりも良い出来になったんじゃないかなと自負しているこちらのシールをついに貼る時がやってきました!

 貼り付けるには水が必要、ということで途中、トイレに立ち寄り、洗面所にて装着!

 ※流石にブログに奏多の汚い顔をネットに晒すのは自重させて頂きます……w

 

奏多「シャツもジュリア仕様だし、もうどっから見てもジュリアPだべよ(`・ω・´)」

友P「紗代子要素は? ダブル担当なんでしょ?」

奏多「さ、紗代子要素はー………………メガネかな?

友P「……がっかりだよ」

 ま、まぁ次回のミリマスライブまでには何か考えときます、はい……(´・ω・`)

 き、気を取り直し、ジュリア仕様奏多となり、いざ名刺交換へ! 

 今回も皆さま中々個性溢れる名刺の方が多く、それなりに自信があった奏多としてもまだまだだなと痛感いたしました汗

 そんな、中でも特に「おお……!」と思った名刺をご紹介↓

f:id:heppoko_chihayap:20170418155316j:plain

 いやーそれにしても流石に飛び出す名刺はインパクトありますね……汗

 他にも、名刺の素材を変えたり、オリジナルイラストを使用したり、既存絵を加工したりと、「あぁそうかこういう手もあるのか……!」ととても感銘を受けました!

f:id:heppoko_chihayap:20170418155513j:plain

 おかげさまで刷った名刺は全て交換することができました!

 皆さま、名刺交換ありがとうございました!

 

いよいよライブ開始……!

 途中、荷物を置くために今回のお宿へ。

 水道橋駅付近、東京ドームすぐそばのホテルということで、その気になれば徒歩でも武道館へ行ける距離でしたので助かりましたね。

 準備を整え、再び武道館へ向かいます。

 ……ちなみにここまでフェイスペイントシール貼ったままです(汗

 更に言うと、公演が終わってホテルに戻るまでずっとシール貼ったままでした汗

 再び名刺交換に飛び出しつつ(今にして思えば、この時置いてけぼりにした友人には申し訳ないことをしてたなと反省)、いよいよ武道館に入場!

 席に着いて思ったのは、

「うわ近っ!?」

 コレに尽きます(汗

  今まで現地参戦した会場と比べるとキャパの問題もありますが、何というか……縦に大きいって言うんですかね?

  傾斜が強いこともあって前のPさんの頭も気にならず、この席を当ててくれた友Pには感謝してもし足りない……ホントに借りばかりが増えていく(汗

 

 会場のスクリーンには、「ミリオン4thLIVEプロデューサークレジット」が上映されています。

 ゲーム内で購入可能だった「TH@NK YOU for SMILE!! アイドル応援セット」に付属する「4thLIVE出演アイドルアイテム引換券」を利用することで、各アイドルの担当プロデューサーとして名前がクレジットに載る、というコチラの企画。

 当時洒落にならないレベルで金欠だった奏多(そもそもあの時期ゲームをやってたかどうかも微妙なところ……)としては、「あーこんな企画あったね……まぁ、奏多にゃ関係ないですけど(´・ω・`)」と思いながら(若干後悔しながら)ぼけらっと眺めてたわけで。

 友人Pの方はと言いますと、担当の恵美に加え、可憐百合子に名前を入れており、流れてくるP名の中から自分の名前を頑張って探しておりました。

 と、「侠気乱舞」のメロディに合わせてジュリアのプロデューサークレジットが流れ始めると、何やらそわそわし始める友人P。

友P「ほら、奏多Pの担当のが始まったよ」

奏多「そうだねぇ……まぁぼくにゃ関係ないですけど」

友P「いいからほら、ちゃんと観なさいな」

 ……こいつまさかまた?

 以前奏多に内緒でジュリアリウムを購入していてくれたという粋な計らいをしてくれた友人Pだけに今回もひょっとして……と思いつつ、スクリーンを注視。

 が、 結局奏多の名前は見つからないままにジュリアの番が終了……(汗

  どういうことか尋ねると、やはりと言いますか、奏多の担当であるジュリア紗代子、そしてゲーム内でのユニットメンバーのエミリーこのみさん瑞希に名前を入れてくれていたそうで。

 ホントは当日、映像を観ながらネタバラシをするつもりだったものの、予想以上に名前が流れていくスピードが早いことに加え、奏多Pが殆ど映像を観ていないことに焦りを感じて観るように促したものの、二人がかりでも見つけることができなかったというなんだか申し訳ないオチ……汗

 後ほどサイト内で公開されていた映像を確認したところ、確かに名前が入っていました……ありがとう友P(汗

 と、とまぁサプライズは残念ながら不発に終わったものの、いよいよライブ本番です!

 

今回のメンバー&セトリ

出演者

アクアリウス 愛美     (ジュリア 役)
       駒形 友梨  (高山 紗代子 役)
       平山 笑美  (北上 麗花 役)


サジタリアス 藤井 ゆきよ (所 恵美 役)
       阿部 里果  (真壁 瑞希 役)
       戸田 めぐみ (舞浜 歩 役)


ウィルゴ   田所 あずさ (最上 静香 役)
       伊藤 美来  (七尾 百合子 役)
       斉藤 佑圭  (永吉 昴 役)


ビスケス   小岩井 ことり(天空橋 朋花 役)
       近藤 唯   (篠宮 可憐 役)
       野村 香菜子 (二階堂 千鶴 役)


セットリスト

  1. Thank You! /BlueMoon Harmony
  2. brave HARMONY / BlueMoon Harmony
  3. 恋の音色ライン /野村 香菜子(千鶴)
  4. 夕風のメロディー /近藤 唯(可憐)
  5. Maria Trap /小岩井 ことり(朋花)
  6. Raise the FLAG /サジタリアス
  7. Day After “Yesterday” /斉藤 佑圭(昴)
  8. 透明なプロローグ /伊藤 美来(百合子)
  9. Precious Grain /田所 あずさ(静香)
  10. 待ちぼうけのLacrima /アクアリウス
  11. フローズン・ワード /藤井 ゆきよ(恵美)
  12. Get My Shinin’ /戸田 めぐみ(歩)
  13. POKER POKER /阿部 里果(瑞希)
  14. P.S I Love You /ピスケス
  15. 流星群 /愛美(ジュリア)
  16. vivid color /駒形 友梨(紗代子)
  17. FIND YOUR WIND! /平山 笑美(麗花)
  18. プリムラウィルゴ
  19. 赤い世界が消える頃/木戸 伊吹(可奈)大関 英里(美奈子)近藤 唯(可憐)阿部 里果(瑞希)平山 笑美(麗花)
  20. Beat the World!! /戸田 めぐみ(歩)・藤井 ゆきよ(恵美)
  21. Marionetteは眠らない /平山 笑美(麗花)愛美(ジュリア)
  22. Blue Symphony /田所 あずさ(静香)阿部 里果(瑞希)伊藤 美来(百合子)近藤 唯(可憐)
  23. 星屑のシンフォニア野村 香菜子(千鶴)駒形 友梨(紗代子)小岩井 ことり(朋花)斉藤 佑圭(昴)
  24. Flooding/田所 あずさ(静香)麻倉 もも(星梨花雨宮 天(志保)小笠原 早紀(茜)平山 笑美(麗花)
  25. DIAMOND DAYS /BlueMoon Harmony
  26. Dreaming! /BlueMoon Harmony
  27. Thank You! /MILLIONSTARS

 

奏多的感想

静かな月の輝きのような…

 「太陽の光」と言えば、温かさ、明るさ、活力といったイメージが浮かぶわけですが、初日公演の「Sunshine Rhythm」の面々は、そんなイメージにぴったりな元気いっぱいのステージを見せてくれました。

 一方、「月の光」と言われると、冷たさ、静寂さ、鋭さ、と、太陽とは対照的なワードが列挙されます。

 「BlueMoon Harmony」の面々も、そんなイメージに恥じない、一日目とは一味も二味も違う魅力を存分に発揮してくれました。

 それを象徴していたのが二曲目、胸の内に秘めながらも熱く燃える、そんな静かな闘志を感じさせた「brave HARMONY」。

 この公演は一日目のように一緒になって盛り上がるのではなく、ステージに立つ皆さんのパフォーマンスに魅了されるライブなんだと、この曲を聴いて感じました。

 サジタリアスが歌うRaise the FLAGも、疾走感に溢れる一曲。

 荒野に突き立てられてはためくフラッグの映像をバックに、凛々しく、勇ましく歌う三人の姿がカッコいいのなんのって……。

中でも阿部さん(瑞希)がとても新鮮でしたね……既存のものとは全く違う方向性の歌だっただけに、新たな魅力を垣間見れた気がします。

 一方、背景映像を使用せず、暗いステージの上でスタンドマイクの前で、スポットライトを浴びながら歌う姿が印象的な、ピスケスのP.S I Love You

 洒落たピアノバーのステージが似合いそうな歌だな……という奏多のイメージにぴったりな光景で、大人びた雰囲気の三人が、危険な恋をしっとりと歌い上げていましたね。

 そんな二曲とまた違った雰囲気のプリムラ

 タイトルにもなってるこの花は品種によって色々な花言葉があるわけですが、しっくりきそうなのは「青春の恋」「気取らない愛」「初恋」といったあたりでしょうか。

 初々しい恋心のもどかしさ、いじらしさを歌詞にのせ、柔らかな声で歌い上げてくれました。

 凛々しい曲を歌う機会の多い田所さんが、優しく歌ってるのがまたいいんですよ……。

 

歌唱力の暴力団かよ……

 そんな中でもひと際奏多の中で印象に残るのは、やはりと言いますか「待ちぼうけのLacrima」。

 公演後のTLで誰かが上記のようにツイートしてましたけどもまさにそんな感じ……(汗

 いやぁ……初めてサイリウムを掲げる行為を放棄しましたねw

 三人それぞれが切なげに歌うAメロ&Bメロを経て、数拍の静寂の後、寂しさに堪えきれず、想いが溢れだしたようなサビで鳥肌が立ちました。

 これはもう集中して聴かなきゃ駄目だ、目に焼き付けなければいけないという謎の使命感が働きました……。

 調和のとれたハーモニーを作り上げよう、という雰囲気ではなく、三者がそれぞれが全力をぶつけ合い、結果としてそれがぞっとするほど綺麗なメロディになっていたのが本当にすごい。

 全力のパフォーマンスをしてもこのメンバーならついてこれる、むしろ全力じゃなければ置いて行かれる、という、ユニットメンバー同士の信頼と緊張感が伝わってきたように感じます。

 ソロパートに関しても、「来てくれないかもしれない……という不安を抱えながら想い人を待つ」心情を各々の解釈で表現し、聴いているこちらまでなんだか胸(と胃)が痛くなってましたが、特に表現力が段違いだと思ったのが平山さん……ビブラートのきかせ方が巧くて耳に残るんです。

 もうね……この曲を何度リピート再生しても物足りなさしかないんです……なんだよこれ……CD音源こんなんじゃなかったじゃん! っていう戸惑い(良い意味で)が半端なかった。

 ソロがくるくる切り替わるCパート~ラスサビにかけてが特に聴きどころだったと思います……映像化はよ! はよ!(錯乱

 

武道館でキャッチボール!

 ……失礼取り乱しました(´・ω・`)

  聴かせる曲が多い印象だったソロ曲でしたが、そんな中でDay After “Yesterday”でのコールが記憶に残っています。

 『昨日願って投げた想いちゃんと受け取ったよ!』という歌詞がありますが、この部分はPから昴(斉藤さん)へのメッセージ、ということでPが歌うわけですがね。

 この時斉藤さんがコチラにマイクを向けてくれたのがなんとも嬉しかった。

「昴のボール受け取ってくれましたかー? そしたら返してね!"キャッチボール"だから!」というミリ3rd幕張公演でのあいさつを思い出しました。

 歌詞も相俟ってね、武道館でキャッチボールができたと思いました!

 ホントなんでしょう……爽やかな曲歌わせたら右に出るものはいないな斉藤さん……汗

 

 

ライブの度に騎士団員が増える……

 という話を訊いたのは確か3rd幕張公演前だったか……実際間近で小岩井さんのステージを観るとわかる……あれは騎士団員が増える(汗

 最初の挨拶で「んふふー……プロデューサーさん、声出ますー?」と言われてからの、七の誓いの唱和……見事に統制が取れてました(汗

 MC中もちょいちょい客席のPさんに手を振ったりと、こっそりファンサービスを挟んできてましたね。

 そしていざソロステージが始まれば、ほわっほわした雰囲気とは一転、妖艶さも感じられるようなパフォーマンスを披露……後ろ髪をくるくるとする仕草は健在でした。

 そして最後の挨拶では「皆さん、想像力に自信はありますか?」と前置きしたのち、会場のPの頭を撫でて労ってくれるという……。

 ……あぁ成程こりゃ聖母様だとw

 ……い、いや? ぼかぁそれでもジュリア&紗代子担当ですけどね?(汗

 それもこれも、もともとアイドルマスターというコンテンツが好きだったからこその、ファンであり同僚であるP達への感謝や労いなのかなぁと、アイマスへの熱い思いを涙ながらに語る最後の挨拶を聴いていて感じました。

 3rd幕張公演で、「ライブで空を飛びたい」と語った小岩井さん

 今回は残念ながらその願いは叶いませんでした(本人は「1メートルは浮いた!」と嬉しそうに語ってたのでまぁよし!)が、言えば叶うのがアイマスですからね! いつかこっこちゃんが空を飛ぶステージを楽しみに待っていようと思います!

 

憧れの舞台に立った"静香"

武道館での4thライブ開催の第一報が伝えられた段階で、コチラの画像をTwitterのTLで見かけるようになりました。

f:id:heppoko_chihayap:20170419134642j:plain

 ゲッサン版ミリオンライブ! 第1巻の終盤、友だちである未来の前で初めて自分の夢を語る静香のシーンですね。

 そしてそれから時は流れていよいよ武道館ライブ当日。

 「Precious Grain」のイントロが聴こえたとき、「あれこっちでくるの?」とちょっと驚きましたね。

 いや、会場を支配するようなパフォーマンスをぜひ現地で観たい、という気持ちはあったんですが、何というか、勝手に「Catch my Dream」がくるだろうなと決めつけてまして。

 夢を追いかけることへの喜び、明日への明るい希望を抱いている姿を感じさせるコチラの曲。

 アイドルでいられる時間が限られた静香の、それでも夢を追いかけていくという強い決意を感じさせる「Precious Grain」よりも、武道館という憧れのステージについに立った静香の心情としては近いんじゃないかと思ってたんですね。

 ともあれ生プレグレを観れるという嬉しいサプライズにテンションが高まった奏多でしたが、終わってみると何というか、この曲の新しい形を見せてもらったように思えます。

 なんていうんでしょう……コールをついに完全に捻じ伏せる(少なくとも奏多の周りでは聞えませんでしたね)歌唱力は相変わらずなんですが、とてもこう、喜びに満ち溢れているような雰囲気と言いますか。

 後のMCにて、静香だったらこんな風に歌うと思った」と語っていた田所さん

 零れ落ちていく砂の中から"たった一粒"を探す、これまでのパフォーマンスから一歩先に進んだ、"かけがえのない一粒"をその手に掴んだ喜びを歌う、そんな雰囲気のステージになっていたように思われます。

 

ライブハウス武道館へようこそ!」

 この名言を最初に叫んだのは、BOφWY時代の氷室京介さんなんだそうで。

 そして今回、武道館の地に立ってこのセリフを叫んだのは、奏多の担当ジュリア(愛美さん)でした。

 3rdツアーでは愛美さんのステージはすべてライブビューイングのスクリーン越しで観ていた奏多だけに、今回そのパフォーマンスを生で観れるということで、期待値は最高値を振り切っておりまして。

 そして始まった武道館二日目。

 先に披露された「待ちぼうけのLacrima」では、紗代子(駒形さん)麗花(平山さん)とともにCD音源以上のステージを魅せてくれて、この時点ですでにお腹いっぱい胸いっぱいということで、「まだソロ曲終わってないのにこの満足度……奏多は公演終了まで生き残れるんだろうか」と本気で心配しておりましたw

 ピスケス&サジタリアスのMCが終わり、暗転するステージ。

 なかなか光が戻らない時点で「来るぞ……!」と、我ながら気持ちの悪い速さでジュリアリウム×2本を両手に装備したのを覚えておりますw

 光が戻り、スタンドマイクの前にギターを持って立つ愛美さんの姿を観ただけで、ちょっと涙が出ました(汗

 会場が静寂に包まれて数舜、響き始める耳慣れないギターソロ。

 この時点で「あぁ流星群だ……!」とまた涙(汗

 奏多がミリオンライブにハマるきっかけを作ってくれた曲なだけに、それを記念すべき武道館のステージにて、生で聴けるとあればそりゃあもう高まるってもんですよ。

 間奏のギターソロもそうなんですが、回を重ねるごとにどんどんレベルアップしていくギターパートは、いつものフェイスペイントに加えて赤く髪を染めたその姿も相俟って、ジュリアそのものといって過言じゃありませんでしたね!

 そして今回は初めて、ラスサビのフレーズを会場のPに歌わせるというパフォーマンスもあって更に興奮!

 武道館という記念すべきステージで、自分の曲の1パートを客席のPに預けてくれるという、愛美さんからの信頼というかなんというか、そういうの感じ取って、とても嬉しくなりましたね。

 余談ですが、預けてくれた部分の歌詞というのが「空を彩る星に乗って 輝く未来へ 願いごとと"あなた"の手を 強く握りしめ」なんですけどね。
この曲で"あなた"っていうワードが出てくるのはこの部分だけでして。
これからもジュリアと、愛美さんと一緒に、プロデュース頑張っていこうと思わされましたね……。

 ミリ3rd幕張公演で披露された「プラリネ」は、あの曲の一つの到達点だな、と思ってましたが。この武道館の地でついに「流星群」のステージも完成したな、という確信と、その舞台に一緒に立ち会えた喜びとでまぁ終わった後はぼろ泣きしていたわけですが、まだまだこんなもんじゃありませんでしたよ……(汗

 

担当を全力で〇しにかかってくるセトリ

 我ながらこのタイトルはどうなんだろうとは思いましたが、巧い言葉が出てこなかった……(汗

 「流星群」が終わり、ステージに現れたのは駒形さん!

 ステージを去る愛美さんとハイタッチを交わす姿に、担当二人のツーショットを見た奏多はこの時点で感動のあまり膝が笑ってました……。

 そして流れ始めたのは、幕張公演にて奏多の心を鷲掴みにした「Vivid Color」のイントロ……もう立ってられないかと思いましたねw

 ただまぁそこは、「いやダメだ……ちゃんと目に焼き付けなければ……!」という担当Pとしての使命感がどうにか勝り、イントロが終わる前にどうにか再び立ち上がりました(汗

 

 さて、3rdライブ幕張公演でも披露されたコチラの曲ですが、駒形さんに言わせると当時のパフォーマンスには悔いが残っていた、とのこと。

 BDを観返しても奏多としては正直何が悔いになっているのかが分からず、疑問を抱くと同時に、4thライブで披露されたらどんなステージになるんだろうという期待でいっぱいだったわけでして。

 しいて挙げろと言うなら心なしか動き、表情が固いように見えないこともない……かなぁ……? といった感じ。

 それを踏まえての武道館のステージでしたが、いや確かに4thライブでまたレベルが上がっていたと言いますか。

 ダンスも歌声もいい意味で力が抜け、前回以上に伸び伸びと歌っていたように思えました。

 特にCメロラストの声の伸びは相変わらず鳥肌モノで、駒形さんの歌唱力の高さを改めて再認識。

 ラスサビ後半あたりから感極まって声が震えながら、それでもきっちりと歌い切った姿、そして最後に登場したぴらみさんと、「このトキメキ忘れない」と、ラストの1フレーズを笑顔でデュエットしたその姿に、負けず嫌いで、アイドル仲間が大好きな紗代子の姿を見たと同時に、この人が紗代子で良かったと、本当に思えました。

 

今回のサプライズは……!

 プリムラ後のMCで、出てくるハズの人(平山さん)がいない時点で、次に何が来るかという予想はついてましたけど……やはりというか今回のサプライズ一曲目は、TA03メンバーによる「赤い世界が消える頃」

 曲が本来持っている怖さと、お化けのポーズの可愛さが同居したステージでした!

 そして初披露となった「Beat the World!!」!

 真の代わりに藤井さんを加えての披露となりましたが、いやー曲中にタオルを振り回す曲ってのはアイマス初だったんではなかろうか……いやすごく楽しかったです!(`・ω・´)b

 ミリオンスターズオリジナルメンバー四人が勢ぞろいしていた「星屑のシンフォニアでは、曲中に挿入されたセリフの頭文字を並べると、ミルキーウェイ最後のメンバーほしいみきになるという、ニクい演出もありました!

 

 曲が終わり、暗転した会場。

 ふと会場に響き始める雨の音……この時点で「漫画の再現か……!」と身構える奏多w

 そしてステージに立つのは、やはりというかクレシェンドブルーの五人!

 来るだろうと予想はしていたとは言え、実際に五人が揃った姿を目の当たりにすると歓喜の叫びをあげてしまうのはプロデューサーのサガみたいなもんですね(苦笑

 初披露となった「Flooding」でしたが、そのタイトルの通り、メンバー同士が感情をぶつけ合うような……「Lacrima」と同じく、全力をぶつけ合った結果生まれる絶妙なハーモニーを奏でていましたね。

 

ライブ終了後…

f:id:heppoko_chihayap:20170419164600j:plain

 いやホントこんな感じになってました……w

 それほどまでに奏多の中では満足度の高いライブとなった二日目。

 だって観たいもん殆ど観れましたもんw

 敢えて心残りを挙げるなら「アイル」がなかったこと……まぁアレはもう幕張公演一夜限りの伝説のステージ的な立ち位置でいいんじゃないかな、という気持ちもあるにはありますw

 今回はだいぶ端折っておりますが、どのステージパフォーマンスも見応え、聴き応えが抜群で、ミリオンスターズの地力の高さを再確認させてもらえました。

 また、「アイル」の披露前に指輪にキスするジュリアだったり、今回の「Flooding」もイントロ前に雨音のSEを挿入したりと、ゲッサン漫画のシチュエーションを意識した演出をしてくれるのも、とても好感が持てます。
特に三日目の演出はホントに涙無しでは観れないレベルでした……(泣

 

 ともあれ、いよいよ残すは最終公演「Starlight Theater」!

 「Starlight Melody」の面々はどんなステージを見せてくれるのか、そしてサプライズゲストは誰が来るのか!
 まぁほぼほぼ確定してましたが……(苦笑

 というわけで三日目レポもお楽しみに!(`・ω・´)ノシ