へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

デレマス4thライブSSA公演現地レポート~Day 1-3~

 今回SSA2デイズを現地参戦するにあたって、初めてUO、いわゆる大閃光極オレンジを持参したわけでして。

 最初の記事で書いた通り、今回は25本購入。

 単純に一日目12本、二日目13本に振り分けました。

 まあ奏多の担当が出るのが二日目でしたんでね、二日目に一本多くなるのは仕方のないことかなと……。

 

 使いたい曲としては、『GOIN`!!!』のようないわゆる山火事曲、そして今回確実に披露されるであろう『Yes! Party Time!!』を考えておりました。

 一日目では、アニメ曲は歌ったとしても『GOIN`!!!』くらいだろうなということでね、

「とりあえず『イエパ(略し方がまだ定着してないので暫定)に4本は確保しときたいなぁ……残りはまぁその場の雰囲気で」

 なーんて軽く考えてたんですがね……(´・ω・`)

 いやいや気が付けば前半戦が終わった時点ですでに残りのリウムが6本っていうね!!!w

 いやあのPaラッシュがまずかった……イエパのことを考えると、他の曲で使えるのはあと2本(´・ω・`)

 『GOIN`!!!』を考えるともうどの曲にも使えないわけですね……(´・ω・`)

 果たして結局奏多は残るUOをどのように運用したのか? というわけでSSA公演一日目「Baland new Castle」ライブレポもいよいよ後半戦!!

 

 さてさて、前半からちと間が空きましたけども今回で一日目のレポ完結です!

 つかすでにライブから一週間以上過ぎてるのにやっとこさ半分ですよ……

 いやだってさぁ……書きたいことが多すぎるんすよ……(´・ω・`)

 続きはもう少しだけね、気長に待っててもらえたらとてもうれしいです汗

 ではでは、↓の続きからどぞー(´・ω・`)ノ

 

 

 

セットリスト&感想の続き

 

19.秘密のトワレ 藍原(志希)

 満を持してのフルver初披露となった一ノ瀬志希ソロ曲!

 奏多の印象としては、前回のステージ(ワンフェス2016)では初披露ということで緊張してるんだなぁ……といった感じだったんですが、今回のステージではそういった強張りが抜けて、志希の魅力を存分に発揮したパフォーマンスだったように思います。

f:id:heppoko_chihayap:20161025224446j:plain

 まず何と言ってもこう、ちょっと低めの声がとてもセクシーでしたねぇ……。

 CD音源の囁くような感じとは違って、ライブでの歌唱は芯があったというか力強いというか、あこれはこれでいいなと(`・ω・´)

 イントロとかでやってた両手首を擦り合わせる仕草、あれって香水つけるときの動きをイメージしてるんすかね?

 ラスサビ前の「ごめんね」を笑顔を浮かべて歌うのが、ギフテッドの志希らしさを感じられて、ゾクッときましたね……「言葉では謝っているけれど、志希の女の子らしい一面とか、そういう類のものではない」っていう、常人とはかけ離れた感じがして。

 その辺りは作詞作曲担当のササキトモコさんのブログを一読されるとまた理解が深まるのかなと。

 

20.咲いてJewel Coolアイドル 

 第三期Jewelriesシリーズ属性曲最後の一曲ということで、やはりこちらも馬車に乗ったアイドル達が観客席を巡りながら手を振ってくれるというパフォーマンス付き!

 ちなみに奏多達の席の方にはしきくんが乗っておりまして、なかなかの近距離でそのお姿を拝見できましたけど、近くで見ると改めてそのクオリティの高さに驚かされましたね……汗

 

21.ミラクルテレパシー 鈴木(裕子)山下(唯)和氣(早苗)

 サイキックアイドル堀裕子のソロ曲を、今回は&早苗と共に披露!

 パフォーマンスが回を重ねるごとに安定感増してきたなぁ、という印象。

「サイキックー……大ユニゾーン!」

 のコールは、現地ならではの一体感を感じました!

f:id:heppoko_chihayap:20161025233447j:plain

 そして注目の間奏部分!

 3rdライブではサイキック神経衰弱に挑戦しましたが、今回はグレードアップ(?)して、ミラクルスロットに!w

 『7』が揃いそうになるものの惜しくもずれる……かと思いきやサイキックパワーを駆使して無事スリーセブンに!

 会場が歓声で包まれました(`・ω・´)b

 久々にスロットの復活演出を思い出s

 

 

 そして曲が終わり、演者の三人が何やら「ムムムーン!」と両手をステージ中央へ突き出し、念を送り始めます。

 3rdライブだと確かここで杏を召喚……できなかったんだっけ? 今回もそのノr

 とここで奏多ぴーんと来まして。

 ……あれこれサプライズじゃね?(`・ω・´)

 そしてステージ中央に空いた穴から一人の演者さんが登場。

 ステージが開幕した時には見なかった衣装を着てました。

 と共に流れ始める、ライブ前に聴いたような気がするイントロ。

 『Shabon Song』じゃないってことはこの曲……てことはあの人ってもしかして……汗

 確認しようと隣を見ると、

友P「アレダレ?(´・ω・`)」

 といった表情を浮かべてる友Pの姿が。

奏多「幸子じゃないの!?」

 戸惑いながら叫ぶ奏多の言葉に、

友P「ハァ?(゚Д゚)」

 といった表情を浮かべる友P……いや俺も信じがたいんだけども汗

 実際誰も予想なんかできてなかったんでしょうね、とんでもないサプライズが起きてるのに、場内はただざわつくばかりだったのを覚えてます。

奏多「だから竹達でしょ!?」

 そうこう言ってるうちにイントロが終わり、ステージのアイドルが歌い始めました。

 そしてあの特徴的なカワイイ声がマイクを通して場内に響き渡り、そこで初めて目の前の事態を把握したのか、数瞬遅れて大歓声に包まれる場内!

 というわけで(恐らく)誰もが予想できていなかった今回のサプライズゲストは!

22.To my Darling… 竹達(幸子)

 これまでデレマス関係のライブ、イベント、ラジオにも出演したことがなかった竹達さんだけに、本当に予期せぬサプライズとなりました。

 いやーエスパーユッコは伊達じゃないですね!汗

 ただ惜しむらくは、サプライズのインパクトが強すぎて肝心のパフォーマンスが頭に残っていないという……汗

 初披露とはいえ、CD音源と比較しても遜色のない歌声はやはりステージ経験の量の成せるものなんだろうな、と思わされましたね汗

 衣装については、袖の形が違うけどたぶんデレステSSRですかね↓

f:id:heppoko_chihayap:20161027000842j:plain

 

 ちなみにこれは本当に余談になりますが、ライブ出演前の竹達さんの最後のツイートがコチラ↓

  ……………サプライズの予感を微塵も感じさせないあたりは流石プロかなーって!w

 

23.Near to You 全員

 神戸公演ではついぞ披露されなかったJewerliesシリーズ第3期の全体曲が、満を持しての登場!

 なんだかこう、Jewerlies属性曲を経てこの曲ということで、エンディング感が半端なかったですね……いや勿論ここからさらにライブは加速していきます!(`・ω・´)

 

24.AbsoluteNine 木村(夕美)ルゥ(周子)原(拓海)藍原(志希)

 第四回シンデレラガールズ総選挙の上位メンバーが歌うこちらの曲。

 3rdライブ以来様々なメンバーによって歌われてきましたが、今回のステージではCDに参加したオリジナルメンバー四人での披露!

 歌う人間によってさまざまな顔を見せてきましたが、やはり今回は本家の貫禄というものを存分に発揮してくれました!

 

25.Hotel Moonside 飯田(奏)青木(飛鳥)千菅(涼)

 3rdライブでの圧巻のパフォーマンスを経ての今回のライブ。

 自分は勿論、大半のPさんが今回はどんなステージを見せてくれるんだろうか、と期待が高まっていたであろう速水奏のソロ曲。

 今回は飛鳥を交えての披露となりました。

 

f:id:heppoko_chihayap:20161029003203j:plain

f:id:heppoko_chihayap:20161029003405j:plain

 

 前回と同じくダンサーさんのショーケースから始まるExtended Versionだったわけですが、3rdライブからすべてにおいてグレードアップ!

 背後のディスプレイを巧みに利用しながら見事なダンスを繰り広げるショーケースを経て、ステージ上に姿を現す三人の演者。

 まずダンスのキレからして明らかに前回と違うんですよ……ダンサーさんと比べても遜色がなく見えたのは、この日に至るまで重ねてきたであろう練習量の多さを感じさせました。

 肝心の歌声も、飯田氏に関しては言わずもがな、青木さん&千菅さんが加わることで凄みが増していた印象。

 舞台演出もレーザーライトを巧みに使い、幻想的な空間を作り出していました……この曲に関しては、全体を一目で見渡せる後ろの席の方がステージを存分に堪能できたのではないかと思いますね。

 上がりに上がっていたハードルを軽々と飛び越えていった、文句なしに最高のパフォーマンスでした。

 

26.in Fact 佐藤(ありす橘)

 3rdライブのセトリと同じく、お次は橘ありすのソロ曲。

f:id:heppoko_chihayap:20161029004256j:plain

 コチラの曲も、前回からの進歩、変化を感じられました。

 前回は感情がどこかに置いてけぼりになっているような、か細さや弱さ、繊細さを感じさせられるステージだったように覚えています。

 それに比べて今回のパフォーマンスでは、感情の出し方が巧くなったというか、歌詞の言葉一つ一つに感情がしっかりと込められいて、前回以上に歌の魅力が増した印象でした。

 最後に歓声が上がらず、ただただ拍手が響いていたのは、会場のPさん達を完全に魅了していた証拠ではなかろうかと思います。

 

27.あいくるしい 立花(紗枝)牧野(まゆ)

 デレアニBD5巻特典CDに収録されていた小早川紗枝&佐久間まゆのデュエットソングが、初となるオリジナルメンバーでの披露となりました!

 ミディアムバラードなこちらの曲ということで、前曲が作り上げた空気感を引き継いでいたのもとても良かった。

 穏やかに、時に力強く、切なさがこもる歌声にただただサイリウムを振りながら聞き入るばかりでしたね。

 

28.生存本能ヴァルキュリア 今井(千枝)金子(里奈)金子(藍子)木村(夕美)佐藤(橘)千菅(涼)長島(春菜)原(拓海)春瀬(薫)

 神戸2デイズ公演に引き続いての披露となりました、スターライトマスターシリーズ第4弾のユニット曲!

 神戸では両日とも5名で歌っておりましたが、この日は総勢10人でのパフォーマンスということで、力強さががっつり増していた印象!(`・ω・´)

 そういやこの日はアインフェリアのメンバーが三人揃っていることから、ひょっとして美波&文香来るかな……という期待が少しありましたがそんなことはなかった。

 いやまぁね、『To my Darling…』幸子登場というビッグサプライズの後にこれ以上ゲストを求めるのは流石に贅沢ってもんだよなぁ、と苦笑

 ただ正直今回ばかりは生き残れないかと思いましたね……苦笑

 

29.Lunatic Show 桜咲(小梅)金子(里奈)村中(亜季)

 桜咲さんからの「輝子ちゃんの分までヒャッハーしてね……」というメッセージから始まったのは、デレアニBD7巻の特典CDに収録されていた小梅&輝子のデュエット曲。

 『Flip Flop』『あいくるしい』が披露されたので、もしかして……という予感はあ

ったとは言え、本当に読めないセトリです(´・ω・`)

 本日不在の輝子に代わって、里奈&亜季を伴ってのステージでしたが、どうしてもやはり桜咲さんに目を奪われましたね……汗

 カッコいい曲なんですがね、サビ後半のぴょんぴょん跳ねるダンスがホントにどうにも可愛くて可愛くてもうね……もうね!(錯乱

 

30.Tulip 藍原(志希)飯田(奏)高野(フレ)ルゥ(周子)

 LIPPSオリジナルメンバーのみ、という意味では初披露となった、シンデレラマスター第二弾のユニット曲!

 本日不在の美嘉は3Dモデルでの参加となりました……2コーラス目で消えたときは「まさかっ!?」と会場がざわめいたりしたものの、まぁビッグサプライズの後に以下略

 そう言えば神戸ではオリメンは美嘉ねえのみだったので、見事に真逆の形になったというかなんというか……汗

 いろんな意味で印象深かった神戸公演でのパフォーマンスに引き続いての披露となったわけですが、この日の『Tulip』は、四人の歌声も、キレのあるダンスも、

『プロデューサーよ、これが「Tulip」だ』

 と言わんばかりに、妖艶なこの曲の魅力を存分に発揮していました!

 決して、決して神戸公演のTulipが嫌いとかそういう話じゃないですからね!?汗

 と同時に、神戸のるるきゃんのパフォーマンスを思い返すと、これいつか五人揃って披露したらとんでもないことになるなという確信が……また楽しみが増えました(`・ω・´)

 

31.純情Midnight伝説 金子(里奈)千菅(涼)原(拓海)村中(亜季)

 炎陣オリジナルメンバー四名でのパフォーマンスとなった、シンデレラマスター第五弾ユニット曲!

 神戸公演一日目ではサプライズゲストとして安野さんを迎え、フルメンバーでの最高のステージを魅せてくれたこちらの曲。

 夏樹が欠けたステージでもその力強さと勢いは健在!

 ※夏樹は『Tulip』と同様、3Dモデルでの参加でした。

 ステージ終盤にもかかわらず、会場の熱気は落ち着くどころか更にヒートアップ!

 もうなんかコールっていうか怒号のようになってましたね……汗

 ここで再び高まった奏多、UOを二本消費し、残りが四本……もうイエパ以外の曲での使用は不可能となりました(´・ω・`)

 ちなみに金子さん&原さんの衣装元ネタは恐らくコチラ↓

f:id:heppoko_chihayap:20161031223020j:plain

 

f:id:heppoko_chihayap:20161031223447j:plain

 

 ステージを揺らさんばかりの(実際揺れてた)大盛況のまま曲が終わり、達成感に包まれる会場内。

 続けて聞き覚えのあるイントロが流れ始め、ステージに現れる今井さん&春瀬さん

f:id:heppoko_chihayap:20161031231403j:plain

 

f:id:heppoko_chihayap:20161031231502j:plain

 まあここまでの流れ考えたらそりゃこの曲くるわなぁ……にしても二人だけとはずいぶん思い切tt

春瀬さん「仁奈ちゃーん!」

奏多「んんん!!?wwww」

 

32.ハイファイ☆デイズ 今井(千枝)春瀬(薫)久野(仁奈)

f:id:heppoko_chihayap:20161031222509p:plain

 というわけでここにきて二人目のサプライズゲスト、市原仁奈役の久野美咲さんが登場!!!!!

f:id:heppoko_chihayap:20161031230441j:plain

 いや完全に油断してました……汗

 ①ヴァルキュリア→来ません

 ②Tulip→来ません

 ③純情Midnight伝説→来ません

 とくればまぁもう来ないだろ……と思ってたところにまさかのっていうね……もうね汗

 LMBG全員集合! とはいかなかったものの、オリジナルメンバー三人でのパフォーマンスが始まり、会場の熱気は最高潮に!

 いやもうホントにね、二階席は曲が終わるまでほぼずっと、地震じゃねえかと思うくらいぐらんぐらん揺れてましたね……汗

 今後、オリジナルメンバー全員集合での披露に期待が高まるばかりです(`・ω・´)

 

33.みんなのきもち 久野(仁奈)

 これまた完全に予想外な、市原仁奈ソロ曲が初披露!

 よくよく考えたらこれ確か初披露のはず(リリイベで披露された?)なのにあのコールの練度の高さは一体……というか自分も何も考えずに普通にコールできてたわけですがどういうことなのか……w

 ぴにゃ&黒ぴにゃをはじめとして、他のアイドル達も手に動物のグローブをつけてステージに登場し、久野さんの動きに合わせて踊る姿が、ディスプレイの映像と相まって微笑ましいのなんのって……(`・ω・´)

 会場が一瞬で動物園……いや違うな、NHKホール(「おかあさんといっしょ」的な)に変貌を遂げてましたねw

 

34.GOIN`!! 全員

 アニメ1stシーズン最終話で披露されたこちらの曲が、神戸公演に引き続きこの日も登場!

 本来のCPメンバーがいない、全く新しい『GOIN`!!』となりましたが、それぞれの個性がしっかりと発揮されていて、この日のライブを象徴するかのようなステージになっていました!

 ここでやはり我慢できなくなった奏多、UOを一本だけ使用し、残りは三本w

 当初の予定通りとはいかないまでも、無事アンコールまでに三本のUOを死守したわけでしたが……。

 

35.EVERMORE 全員

 アンコール一曲目はSSA二日目に続いてまさかの新曲サプライズ披露!

 あれ!? てことはイエパ歌わないの!?

 驚きやら嬉しさやら残念さやらが入り混じって、奏多の思考は数瞬フリーズしておりました汗

 デレマス五周年記念ソングということで、デレマスがこれまで歩んできた道のりと、これからの明るい未来を感じさせる歌詞に軽く涙腺を刺激されながら、コールを合わせようと必死になっておりました汗

 

36.お願い! シンデレラ 全員

 最後はやはりこちらの曲!

 始まる前はどんなステージになるか、期待と不安が半々でしたが、終わってみれば神戸公演2デイズにも負けず劣らずの素晴らしいステージを見せてくれたアイドル達には感謝の言葉しか見つかりません……汗

 

 最後の最後、いつものコールはここまでのライブほぼ全通の桜咲さんが担当!

桜咲「これからもアイマスですよ!」

P「アイマス!!!!」

 の大合唱で、SSA一日目が終わりました!

 

 

 

 というわけでSSA公演一日目「Brand new Castle」のライブレポートでございました。

 いや長い! そしてだいぶ間が空きましたねごめんなさい!汗

 こんだけ時間がかかった理由に関しては、Twitterの方見て下さってる方は大体想像がついてるかなと思います……その辺りについてはライブレポが終わった後に汗

 

 おねシンでも少し触れましたけども、始まる前は期待と不安でいっぱいでしたが、終わってみれば本当に観れてよかったと思えるライブでした!

 MCでは、誰かが先導するわけではなく、一人一人がお互いをフォローしあいながらよどみなく進行していってたのがとても印象に残っています。

 パフォーマンスに関して、3rdライブと同様、ソロ曲に他のアイドルを加えて歌わせることで、まだ個人曲のないメンバーのパフォーマンスの場としてだけでなく、その曲の新たな一面を発見するのに一役買っていましたね。

 初の主要メンバー不在のライブ、初の個人衣装着用、初披露となったたくさんの曲たち、初めてライブに出演したアイドル達、そしてサプライズとしてライブに初登場した二人など、「Brand new Castle(真新しいお城)」の名に相応しい公演でした。

 新しいことに挑戦し、それを乗り越えたアイドル達の姿に、今後のデレマスの明るい未来を垣間見ることができたかなと思います。

 

 まあそんなこんなでね、MC関連や、他に曲以外の部分で気になったことに関しては、二日目と合わせて一つの記事にしてしまおうかな、と思っております。

 さて次は奏多にとっての大本命の二日目「346 Castle」!

 こちらも一日目とは負けず劣らずの最高のライブだったわけですが、書きあがるのは果たしていつになるやら……汗

 

 もう少しだけお時間頂ければ幸いです!

 ではでは、おっつおっつばっちし☆