読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

デレマス4thライブSSA公演現地レポート~Day 1-2~

 なんやかんやで奏多がデレマスPになって一年が過ぎ、気が付けば大体のデレマス曲はイントロを聴けばタイトルが思い浮かぶようにはなったんですがね。未だに時々間違える曲が数曲ありまして。

 

~開演前のホールにて~

~♪(会場で流れる『Shabon Song』のイントロ)

奏多(……あれこれ何のイントロだ? ……『To my darling…』だっけ?)

友P「あれ、今流れてんの『Shabon Song』だよね?」

奏多「んー……そうだっけ?」

美嘉『誰にだってきーづかせなーい♪』

友P「ほらやっぱりそうじゃん」

奏多「おーさすが友P(まぁどっちにせよ幸子は今日来ないでしょ)

 

 この二曲のイントロってなーんか似てません? 勘違いするのは奏多だけですかね?汗

 あとは『心もよう』と『この空の下』もどっちがどっちか一瞬悩みます……いやこの会話に特に深い意味はないんですよ? ホントだよ?w

 

 閑話休題

 

 前回はおっさんのSSA旅行記で終わってしまいましたが、今回からはいよいよステージのお話をね、お送りしていこうかなと!w

 

 ちなみに前編となるおっさんのSSAお散歩カメラはコチラ

 

 ではでは、続きをどぞ~(´・ω・`)ノ

 

 

今回の出演アイドル


藍原ことみ(一ノ瀬志希役)
金子真由美(藤本里奈役)
下地紫野(中野有香役)
髙野麻美(宮本フレデリカ役)
立花理香(小早川紗枝役)
種﨑敦美(五十嵐響子役)
牧野由依(佐久間まゆ役)
????(????役)

青木志貴(二宮飛鳥役)
飯田友子(速水奏役)
今井麻夏(佐々木千枝役)
桜咲千依(白坂小梅役)
佐藤亜美菜(橘ありす役)
千菅春香(松永涼役)
長島光那(上条春菜役)
村中知(大和亜季役)
ルゥティン(塩見周子役)

金子有希(高森藍子役)
木村珠莉(相葉夕美役)
鈴木絵理(堀裕子役)
原優子(向井拓海役)
春瀬なつみ(龍崎薫役)
杜野まこ(姫川友紀役)
山下七海(大槻唯役)
和氣あず未(片桐早苗役)
????(????役)

 

 「Brand new Castle」の名の通り、4thライブがアイマスライブ初参加となる方が半数以上を占めており、いわゆるライブ常連組の皆さんがほぼ不在という、斬新な面子。

 その中でも、藍原さん下地さん種崎さん青木さん木村さん山下さんSSA初日が初参加ということで、担当Pさんにとっては待望の一日だったハズ。

 中でも藍原さんについてはワンフェス2016(この時は1コーラスのみのステージ)以来ということで、フルコーラスVerの披露は今回が初。

 他にも、山下さんはデレパ公録イベに出演したときに披露したのは『Snow Wings』のソロVerだったこともあり、お預けを食らっていた分、『Radio Happy』へのP達の期待は高まっていたハズ。

 そして注目のサプライズアイドルが誰だったのか……コチラもお城の名前に恥じない驚きの二人でしたね……恐らく予想できた人はごく少数じゃないですか?汗

 まあこのレポ読んでる皆さんはご存知でしょうけども気になるその正体は続きをご覧くださいまし(´・ω・`)ノ

 

セットリスト&感想

00.協賛紹介&アナウンス

  いつものように協賛企業の紹介からスタート。

 映し出される企業名をみんなで読み上げるわけですが、やっぱり人数の差もあってかLV会場とは段違いの音圧ですねw

 最後にこれまた恒例の「Cygames」の名前が表示された途端、会場のあちこちから響く「ありがとー!」の声。気持ちは分かりますw

 その後はこれまたさらにおなじみ、ちひろさんからの業務連絡(ライブ中の諸注意)。

 今回も休憩はありません、というお言葉にざわめく会場……汗

 というのも、LV会場の上映時間から察するに、今回のライブは4時間は軽く超えるだろう、とP達の間ではもっぱらの噂となっておりました。

 つまりは4時間ちょいぶっ続け……いやすごいなぁ今回w

 

 ともあれ業務連絡も終わり、壮大な音楽とともに今回のお城『Brand new Castle』の説明が始まったんですがあれ今回ちっひじゃなくね……つかなんか聞き覚えのある声……?

※神戸公演ではこの部分のナレーションはちひろさんがやってました。

「あなたのはぁとをしゅがしゅがすうぃーと☆」

 しゅがはさんじゃんこれ!!!!!!!!(`・ω・´)

 

 今回お城の紹介を担当していたのは先日ボイスが実装されたばかりのしゅがはこと佐藤心さん(CV.花守みゆり)三船美優さん(CV.原田彩楓)森久保乃々(CV.高橋花林)のお三方!

 ※追記)奏多は気付いてなかったと言いますか、ちょろっと記憶が曖昧なんですが、上記のお三方に加えて依田芳乃(CV.高田憂希)も喋ってた、という指摘を受けました(´・ω・`)

 いや確かに、ボイス実装組で一人だけいないのはおかしいよなぁ……とは思ってたんですが汗

 

 開幕直後からまさかのサプライズに、一気にテンションが上がるPさん達!

 そして紹介が終わり、プロジェクションマッピングを使った豪華なエフェクトとともにライトアップされる24人のアイドル達のすg衣装が「アクロス・ザ・スターズ」じゃない!?

 

 なんと出演者の皆さんそれぞれが、各アイドルがカードで身に着けていた衣装をまとっての登場!

 

 なんだこれ! なんだこれ!!? と思考が追い付かずにただ歓喜の雄叫びを上げる奏多(と会場のPさん達)をよそに、これまた予想外な曲のイントロが!

 

01.BEYOND THE STARLIGHT 全員

 デレステ実装一周年記念ソングがまさかの開幕一曲目!

 アイマスライブ経験の浅さを微塵も感じさせない気迫のこもったパフォーマンスに、この時点で「今日はやべえぞこれ……気ぃ抜いたら一瞬でやられる!」と謎の危機感を覚える奏多汗

 

02.Snow Wings 全員

 「メンバーの自己紹介を兼ねて、これからの季節にぴったりな曲」という紹介から始まったのは、Starlight Masterシリーズ第一弾のユニット曲。

 この曲のイントロ聴くだけで神戸二日目のサプライズを思い出して目頭がもうね……泣

 ちなみに今回長島さん(春奈)の衣装はコチラ↓

f:id:heppoko_chihayap:20161109234437j:plain

 衣装の再現度も高くてとてもお似合いでした!

 ただ今回はさらにその上を行く方が……汗

 

03.Flip Flop 金子(藍子)鈴木(裕子)杜野(友紀)山下(唯)和氣(早苗)

  デレアニBD9巻に収録されていた&藍子のデュエットソングを、不在のに代わってユッコユッキ早苗さんを加えてライブ初お披露目!

 途中、変拍子があったり、ライブで歌うとなると難易度が高そうなこちらの曲ですが、激しいダンスの最中でも笑顔を絶やさず、仲良さそうに並んで電車ごっこをする五人の姿が微笑ましいのなんのってもうね……汗

 

04.恋のHamburg♪ 種崎(響子)

 今公演がステージ初披露となった、五十嵐響子のソロ曲。

f:id:heppoko_chihayap:20161021235032j:plain

 ↑のイラストをモチーフにした衣装を身にまとい、未来の旦那様との結婚生活を想起させる映像をバックに、片手にマイク、もう片方の手にフライ返しを持って、料理をするような仕草が印象的なダンス。

 初お披露目がソロ曲トップバッターというプレッシャーもあっただろうに、それを感じさせない見事なパフォーマンス。

 なんかこう、いろいろ言いたいことはあるんですが↓

f:id:heppoko_chihayap:20161020234516p:plain

 ……ホントなんかこんな感じ汗

「もうすぐごはんだよ!」

 この一言で間違いなく、大半のPさんに公演終了後ハンバーグを食べることを決意させた一曲w

 

05.青の一番星 ルゥ(周子)立花(紗枝)

 塩見周子ソロ曲を、デレマスで結成されたユニット『羽衣小町』の二人が披露。

 今回、京娘アイドルのお二人がチョイスした衣装は和風な雰囲気のもの↓

f:id:heppoko_chihayap:20161021235219j:plain

f:id:heppoko_chihayap:20161021235226j:plain

 アップテンポの和風ロックな曲調と、ダンスに見事にマッチしてましたね。

 扇子片手に長い袖を翻し、ステージ上を舞い踊る姿が印象的でした。

 

06.共鳴世界の存在論 青木(飛鳥)

 本公演が初披露となる、二宮飛鳥ソロ曲。

アイドル衣装を着た演者の皆さんの中でひと際目立っていたのが青木さん

 皆さん衣装がよく似合ってるんですが、彼女だけ完全に次元が違うといいますか……↓

f:id:heppoko_chihayap:20161022000715j:plain

 ざっくり言うと一人だけ2.9次元にいた感じ汗

 Twitterで本人がアップした写真を見ると改めて驚かされます……いやホントイラストのほぼまんまでしたね。

 パフォーマンスの方も文句の付けどころがありませんでした。

 カメラワークもかなり力が入っており、Aメロ~Bメロ間のセリフ部分では映像がモノクロになり、ノイズが走るといった演出もあり、かなり力の入ったステージという印象。

 ラスサビ前のスタンドマイクを使ったパフォーマンスに会場ではひと際大きな歓声が上がりましたね。

 これは本当に今後の映像化が本当に待ち遠しい……最高の初披露となりましたね。

 

07.き・ま・ぐ・れ☆Cafe au Lait! 高野(フレ)鈴木(裕子)種崎(響子)

 宮本フレデリカソロ曲を、ユッコ&響子を交えての披露。

 3rdに引き続いてベレー帽をかぶる姿に、こだわりのようなものを感じました!f:id:heppoko_chihayap:20161022203321j:plain

 1コーラス目は3rdライブを彷彿とさせる、パリの街並みを歩くような演出でしたが、2コーラス目では背景がルーブル美術館(?)に!

 銃を背負って観光中(?)の村中さん(亜季)と、そんな彼女を捕まえようとする和氣さん(早苗)の追いかけっこにどうしても目がいってしまうパフォーマンスでしたが、それを意にも介さず笑顔でのびのびと歌う姿や、歌声やダンスにも、3rdライブを経ての成長というか、そういうものが見えたステージだったと思います。

 最後の「なーんて♪」の言い方と照れ笑いが可愛らしくてよかった!

 ちなみに村中さん(亜季)の衣装はコチラ……かなぁ?↓

f:id:heppoko_chihayap:20161109234941j:plain

 色以外のデザインはほぼ同じハズ……何名か自信がない方がちらほらと(´・ω・`)

 

08.エヴリデイドリーム 牧野(まゆ)下地(有香)長島(春菜)

 神戸公演に続いて3度目となる、佐久間まゆソロ曲。

 神戸2デイズで両日披露していたので、今日は来るだろうか……と不安だったんですが、今回は有香&春菜を伴ってのステージ!

f:id:heppoko_chihayap:20161109233323j:plain

 隣の友P(ままゆ担当)が静かになったのは、歓喜を通り越して号泣してたんでしょうねきっと……。

 パフォーマンスのクオリティの高さについては神戸2デイズで存分に魅せつけて頂いたわけですが、3人になってもそのクオリティは健在どころか、生で聴くと改めてその魅力がわかります。

 Cメロの切なそうな感じは、相変わらず聴いているこちらも胸を締め付けられる感じがしましたね……汗

 

09.Bloody Festa 桜咲(小梅)

  ここでライブの雰囲気が一転。

 雷鳴が響き渡り、稲光の背景演出とともに待望の白坂小梅2曲目のソロ曲がここで登場!

f:id:heppoko_chihayap:20161022210916j:plain

 小さな恋の密室事件とは方向性の違うこちらの曲ですが、ロック(メタル?)テイストの激しい曲の中でも愛らしさを損なわないのは、さすが本日アイマスライブ最古参の貫禄と言う他ないですよね!

 そういえば特に示し合わせたわけでもないのに会場が血の海のごとく真っ赤に染まったのは流石プロデューサーというかなんというか……w

 

10.お散歩カメラ 金子(藍子)今井(千枝)春瀬(薫)

 藍子ソロ曲を、千枝&を伴ってのステージ。

f:id:heppoko_chihayap:20161022211738j:plain

 お姉さんの藍子が、年少組二人を連れてお散歩に出かけた、といった具合の微笑ましさというか、 金子さんのお姉さん具合が半端なかった!

 お散歩の途中であちこち元気に駆け回る千枝を優しく見守りながら、時折シャッターを切る藍子、という風景が自然と目に浮かびましたね……(´・ω・`)

 

11.Lilac time 木村(夕美)

 お散歩カメラに続いての夕美ソロ曲は、初披露ということもあって木村さん一人のステージ。

f:id:heppoko_chihayap:20161022232834j:plain

 パッションの明るさと、キュートの可愛さを兼ね備えた魅力を有する(と思ってる)相葉ちゃんですが、その魅力が詰まったこちらの曲を見事に歌い上げておりました。

 ……つか初披露の人たちのステージのクオリティが全体的に高かったすねえ……皆CD音源と比べても何ら遜色がなかった汗

 ところで公演前、Twitter発案の企画として、「パフォーマンスの途中でリウム色を緑&赤に変える」というものがあったんですが(詳しくはコチラの記事を参照)、現地で観てた限り、色が変わってたのは大体6割くらい、といったところ……アレはアレで花畑感があってよかったっちゃよかったですけども(´・ω・`)

 ともあれ今後、定着していくことを願うばかりですな。

 ちなみに、企画発案者の方からのメッセージもご覧いただけると幸いです。

 もちろん奏多は今後も積極的に色を変えてくつもりですよー!

 

12.明日また会えるよね Cuteアイドル

 『Lilac time』が終わって暗転してからちょっと間が空きまして。

 トラブルかな? なんて思ってたら観客席からアイドル達ゴンドr馬車に乗って登場!

 ちなみに馬車の移動経路は↓な感じ。

f:id:heppoko_chihayap:20161022234304j:plain

 曲の途中、赤丸の位置で一時停止してくれたのは、付近のファンにはとてもうれしいサービスでした。

 そして奏多&友Pが座っていた席のゴンd馬車(画像↓の方)には幸運にも牧野さん&立花さんが!!

 ※友Pはままゆ&紗枝はん担当

 アイドル達へものっそい手を振る友Pの笑顔がとても眩しかったのを覚えております……。

 神戸公演の反省を踏まえて、奏多もしっかりとコール予習をしていたので、会場と一緒になって盛り上がることができました。

 

13.Radio Happy 山下(唯)

 本公演が初披露となった唯ソロ曲。

 ※ここからセトリがP達を殺しにかかります……w

 アイドルユニットWake Up, Girls!メンバーの一人としても有名な山下さん

 作品は違うものの場数をこなしていることもあって、緊張を感じさせない、唯そのものといったとても自然体なパフォーマンスだったんですが、それ以上に特筆すべきはコールの練度でしたね汗

 前回として初めてステージに上がったデレパ公録では、『Snow Wings』ソロVerを披露しましたので、当時『Radio Happy』初公開を期待していたPさん達はお預けを食らった形になりまして。

 その辺の執念、いや鬱憤とでも言うんでしょうか……そういった諸々が爆発したかのような、とでも言いますか……汗

山下『ハイハイ ハロー調子はどう?』

 ↓

P「ハァァイ!!!!!!」

奏多「」ビクッ!?

 最初の時点でもうこの日一番会場で声が出てたと言っても過言じゃなかったかなと汗

f:id:heppoko_chihayap:20161023000222j:plain

 ダンスの方も、ダンサーさんたちと一緒にエグザイルのアレ(ぐるぐるするやつ)をやったりと、観ても聴いても素晴らしいステージでした。

 ここにきていい感じにテンションが高まった奏多、アイマスライブ初のUOを使用×2本。

 奏多手持ちUO残り10本……。

 照明が点いていたわけでもないのに、会場全体がオレンジ色に染まって明るかったのがとても印象的でした。

 

  ……と、曲が終わってステージが暗転。

 少し間を置いて再びスポットライトが灯ったステージに立っているまっこもっこさんを視認した時点で奏多は無意識にUO×4本に手を伸ばしていましたw

f:id:heppoko_chihayap:20161023013706j:plain

 3rdライブではれいちゃま(きらり)率いる(?)ペンギンズと戦いを繰り広げましたが、今回のまっこもっこさんのお相手は、はらぼうさん(拓海)率いるヤンキーズ

 いや奏多の予想ではりっか様率いるカーpチームかなと思ってたんで意表を突かれました……つかヤンキー”ズ”に笑いましたね……いろんな意味で際どいラインを攻めたというかw

 両者にらみ合いののち、はらぼうさんが投げたチェンジアップ(らしいです)を打ち返し、見事にホームラン!

  というわけでお次の曲は!

14.気持ちいいよね 一等賞! 杜野(友紀)

 とはいうものの正直記憶が無いんですよねぇ……少なくとも腰に装着してたキャッツの帽子を被って、UOぶん回してたとは思うんですが汗

 まぁ冗談さておき、デレパ第二回公録で初披露されたこちらの曲。

 ただでさえ体力をかなり消耗するであろう曲、しかもイベント初披露という緊張もあってか、この時のパフォーマンスは歌いきるので精一杯、という印象でした。

 それから数か月を経ての3rdライブの舞台。

 奏多はこの時のステージが初めて見た『一等賞』だったんですが、体力的にも気持ちにも余裕ができたのか、本当に楽しそうな笑顔で歌い踊るまっこもっこさんの姿と、会場のプロデューサーのコールにただただ圧倒されました。 

 そしてさらに時を経た今回の舞台。

 完全にこの曲を自分のものにした彼女の姿がありましたね。

 そしてそのパフォーマンスに応えるような、会場全体を揺らすほどのPのコール。

 奏多も全力でコールしたので、この一曲で一時的に喉が潰れました汗

 ラスサビ前の『フレフレ"ユッキ"!』で、まっこもっこさんはこの部分を歌わずに完全にPに任せるんですが、マイクの声に負けないくらいに響き渡ったP達の「ユッキ!」に、ちょっと目頭が熱くなりました。

 いやホントに最高の『一等賞』を生で観れてよかったなと。

 ちなみにこの時点で奏多手持ちUOは残り6本……汗

 

15.Can`t Stop!! 和氣(早苗)

 コールをやり切った達成感に浸る間もなく畳みかけてくる早苗さんソロ曲。

 3rd公演にてジュリアナ東京を彷彿とさせるお立ち台を作り出したこちらの曲ですが、4thライブでも再びジュリアナが復活!w

 アイドル達(飯田さん(奏)金子さん(藍子)鈴木さん(裕子)立花さん(紗枝)千菅さん(涼)山下さん(唯))を引き連れ、ジュリ扇片手に見事に舞い踊っておりました。

f:id:heppoko_chihayap:20161023020207j:plain

 にしてもりっか様が一番ジュリ扇が似合ってるように感じましたね……たぶん同意してくれるPさんは結構いる気がする……(´・ω・`)

  神戸公演でも似たようなセトリでしたが、コールががっつりある曲を3曲連続ぶつけてくる辺りは運営様容赦ないっすね……汗

 とりあえず『ミツボシ☆☆★』『メルヘンデビュー!』『あんずのうた』が無くてもデレマスPは殺せる、という新たな発見のあるステージでしたね苦笑

 

16.きみにいっぱい☆ Paアイドル

  『明日また会えるよね』でアイドル達がゴn馬車に乗って登場したこともあり、イントロが聞こえた時点でこれはまた馬車が来るっしょ→とね、ええ、思いまして。

 予想通り、今回はステージからアイドルの皆さんがg馬車に乗り込み、会場を進んできました。

「……あれ、これまっこもっこさんを間近に見れるチャンスじゃね……?」とそわそわしだす奏多でしたが、残念なことにまっこもっこさんは奏多のいた方とは反対側を進む馬車へ……(´・ω・`)

f:id:heppoko_chihayap:20161023014628j:plain

 とは言えとても大好きな曲ですしね、こちらのトロッコに乗っていた金子さんをはじめとしたアイドル達をじっくり堪能させていただきつつ、コールもしっかり入れましたとも(`・ω・´)b

 

17.恋色エナジー 下地(有香)

 初披露となりました、中野有香ソロ曲!

 有香としては初の大きな舞台でのステージということもあって、途中のMCではだいぶ緊張しているように見受けられましたが、歌い出すとそんなものを感じさせないのは流石の一言。

 コールが殆ど無い曲でしたので集中してステージを観ていたんですが、まず感じた印象としては声の張りがすごいな、と。

 声にとても安定感があり、サビの高音もすごくよく伸びてたのがとても印象的で、下地さんの歌唱力の高さが伺えました。

 また、間奏のダンスでは空手の型を取り入れた動きをしていたのが、空手少女の有香らしさをこの上なく表現できていたなと!

 あと衣装にも有香ならではの遊び心とでも言いますか↓

f:id:heppoko_chihayap:20161023135030j:plain

 下地さんの衣装のモチーフはこちらのイラストのものだったと思うんですが、これにさらに黒帯を着用!(してたハズ……)

f:id:heppoko_chihayap:20161023140815j:plain

 気付いた皆さんはきっとこれを連想したんじゃないですかね……?w

 

18.花簪 HANAKANZASHI 立花(紗枝)種崎(響子)牧野(まゆ)

 3rdライブではメドレーということで1コーラスの披露になり、物足りなさを感じていたPさんは決して少なくはなかったハズ。

 今回はしっかりフルコーラスということで、響子&ままゆ大和撫子なアイドル二人と共に披露となりました、小早川紗枝ソロ曲。

 2ndライブの時と同じく和傘を利用したパフォーマンスが曲調と相まってなんとも雅な雰囲気でした……普段のりっか様のキャラを知っていると、そのギャップに毎度のことながら驚かされますね汗

 Bメロ部の色変えも、知っているPさんが多かったのか、四季に合わせて色を変わっていく光景が見事でした。 

 

 

 

 ……とまぁ、サプライズゲストがまだ誰も登場しておりませんが、一度ここで記事を一区切り汗

 ちなみにこの時点で8,000字を突破……前編のぶらりSSA旅行記を合わせると13,000字くらいになりますので、400字詰め原稿用紙でいうと30枚超えですねw

 

 次はライブ後半戦とMCで印象に残っている部分について記述していきます!

 果たしてサプライズゲストは誰だったのか! そして残り6本のUOで奏多は後半戦をどうやって戦ったのか!?汗

 ではでは、続きをお楽しみに~(´・ω・`)ノシ

 

広告を非表示にする