読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

ミリマス3rdライブ幕張公演LV(利府会場)レポート~Day 1-1~

~幕張公演Day2帰りの車中にて~

奏多「765ASsはさ、『ドームですよ、ドーム!』からドームライブで、シアター組は『てづくりのぶどーかん』から本物の武道館なわけじゃん?」

友P「うん」

奏多「このノリでいくとデレはどうなるんだろ? もうどっかのお城でも貸し切ってライブする感じかね?」

※奏多的なイメージとしては、ノイシュヴァンシュタイン城でしたが、この時放心状態の奏多の頭の中には名称が出てこなかった(´・ω・`)

友P「いやお城でライブって……日本でお城っつったら、姫路城とか大阪城みたいなやつか、あとはラブホくらいしかないじゃんw」

この時、二人のPの頭を過ぎったのは『心が叫びたがってるんだ』の冒頭シーンだったという、本当にどうでもいい話w

※あ、映画『心が叫びたがってるんだ』BD&DVD、好評発売中ですよ!w

 

どうも、ライブを終えて精魂尽き果てかけているにも関わらず、帰りの車中は幕張セトリ曲に合わせてコールをして自分を追い込んでいた奏多です(´・ω・`)

いやでも冗談さておき、デレは果たしてどこに向かっていくんでしょうかね……とりあえず声付きアイドル総出演ってのはミリ以上に厳しい話じゃなかろうか……汗

 

ともあれここから本題!

4月16日および17日の二日間開催されました、THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdライブツアー BELIEVE MY DRE@M!! 幕張公演!

それに際しまして、MOVIX利府で中継されたライブビューイングの模様をつづったライブレポ(のようなもの)をお送りしていきます!

 

というわけで、まずは諸注意を↓

  1. このレポは、幕張公演二日目が終えて帰宅後、その興奮冷めやらぬままのノリと勢いで書き始めまして、加えて夜な夜な少しずつ書き進めていった類のいわば駄文です。なので、支離滅裂な文章誤字脱字深夜特有のアレなテンションから生まれる意味不明な表現が多々あるかと思われますが、ご容赦下さい。
  2. 極力どのアイドルについても平等に、公平に感想を述べるよう心掛けてはおりますが、奏多もダメ人間ですので、描写に多少(?)偏りが生じる場合があります。「ふははwにわかPが戯言をぬかしよるわw」といった感じの寛容な心で見逃して頂ければ幸いです。
  3. ちょっと最後の重大発表のインパクトが強すぎて記憶が飛び飛びになっているせいか、記憶の捏造覚え違いなどあると思われます。もし発見した際はやんわりと教えて頂ければ、すぐに修正させていただきます。

 

まぁ要はね、広い心をもって読んで下さいね、ってことですw

 

会場で同じ感動を味わったPさんには、当時の感動を思い出す際の一助に。

会場に足を運ぶことができなかったPさんには、少しでも会場の熱気を知って、次のライブへの参加意欲、ライブBD購入意欲を燃やして頂けるような記事にできれば幸いです。

 

……大丈夫です?

ではでは続きは↓からどうぞm(__)m

 

 

1.ライブ前

ちょっと本筋が長くなりそうだもんでね、この辺はさらっといきますw

前回と違い、今回は友人Pとの参戦。奏多の我儘というかなんというか、まあ諸事情ありまして、二人分のチケットを購入する頃にはすでに利府会場でも品薄状態……当然席も最前列になりました汗

当日は友人の車に同乗し、仙台駅前近辺のオタクショップをはしごして、プライズフィギュアのスターピースメモリーズシリーズの真美を探してゲーセンを彷徨ったりと、大体いつも通りのそんな感じ(`・ω・´)

そして以下戦利品↓

 

f:id:heppoko_chihayap:20160418123801j:plain

……今回は出費最小限に抑えるハズだったんですけどね、おかしいね(´・ω・`)

 え? なんでジュリアPのくせにこのみさんバッジ買ってんのかって?

いやだってかわいいから……(´・ω・`)

2.開演前

 なんやかんやで会場に到着した頃には、既にシアター開場しておりまして、そのまま入場。

……え?なんやかんやはなんやかんやですよ(`・ω・´)

入ってすぐに自分の席を見つけました。そりゃそうです、だって最前列だものw

福岡公演である程度わかっていたけれど、1列目は半端なくスクリーンから近い汗

現地会場なら、最前列と言ったらまさに特等席でしょうけど、LV席の最前列なんてのはずっとスクリーンを見上げ続けるわけだからただただ首が痛くなるだけであります(´・ω・`)

まぁこればかりは出遅れた奏多の自業自得ですが、それに友人を付き合わせたのはちょっと申し訳なかったなー……なんて考えつつ、隣のPさんと挨拶なんかをしつつ、いそいそ準備をしていると会場がスクリーンに映し出され、いよいよ開演!

 

3.ライブ本番①

 

今回の出演アイドル

 

 山崎はるか(春日未来役)

田所あずさ(最上静香役)

Machico(伊吹翼役)

麻倉もも(箱崎梨花役)

雨宮天(北沢志保役)

伊藤美来(七尾百合子役)

諏訪彩花(徳川まつり役)

夏川椎菜(望月杏奈役)

藤井ゆきよ(所恵美役)

渡部優衣(横山奈緒役)

愛美(ジュリア役)

阿部里果(真壁瑞希役)

小岩井ことり(天空橋朋花役)

斉藤佑圭(永吉昴役)

浜崎奈々(福田のり子役)

渡部恵子(周防桃子役)

 

ライブツアーの総決算ということで、メンバーもこれまでの公演よりも多い総勢16名。
各公演にてリーダーを務めたアイドルたちが名前を連ねる中、今回がツアー初参加となるのは、阿部さん、小岩井さん、斉藤さん、浜崎さんの4名。
特に浜崎さんについてはソロ曲どちらが来ても初披露となりますので、のり子担当Pにとってはとても嬉しいステージだったのではないかと思われます。
 
1.Dreaming! 全員
 最初はやっぱりこの曲から!
お馴染みの一曲とは言え、これがツアーで聴けるのもあと2回かー……なんて感慨にふけってましたがいやいやまさかまさかですよ……汗
 
2.Cut.Cut.Cut.  阿部(瑞希)&渡部(桃子)
 2曲目はLTD03より、瑞樹&桃子のデュエット。
 ちょっと背伸びした感じの可愛い歌という印象なんですが、歌詞を見る限りは失恋して髪を切る女性の心情を描いた一曲のようで。
 サビ前のささやくような『good-bye, memories』、間奏のスキャット、「ちょっと/待って」や、「へい! へい!」の際の、代わる代わるの決めポーズなどなど、ちょっと魅力を挙げたらきりがない……本公演のおかげでお気に入りの一曲になりました汗
 とにかく、終始とても可愛らしいパフォーマンスを見せてくれました。
 
3.ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン 渡部(奈緒)
 Twitterにて、前日から熊本で頻発していた地震のニュースに特に心を痛めていていた様子の渡部さん。
 今日の公演大丈夫かな……とちょっと心配だったんですが、全くの杞憂だったようで汗
 恐らく抱えていたであろう心の葛藤や動揺を抑え込んで明るく歌い、踊る
姿に、名古屋公演とはまた違った意味で心が動かされました。
 あとダンサーさんがカメラに向けた『奈緒参上』に思わず噴き出したのは奏多だけじゃないはずw
 
4.ビギナーズ☆ストライク 斉藤(昴)
 ステージでのパフォーマンス自体が初披露となる、 LTP13の昴ソロ曲。
 いやなんだこの可愛さ……いつも男勝りな野球少女の昴がフェンス越しに恋する乙女の心情を歌う一曲ですが、爽やかすぎてなんかもう目が潰れるかと思った(錯乱
 ダンサーさんのポンポン振ってる姿も、歌う斉藤さんを応援しているように見えて微笑ましいと言うかなんと言うか……歌の世界にどっぷりと浸れる、そんなパフォーマンスでした。
 
5.成長Chu→LOVER!! 伊藤(百合子)&夏川(杏奈)
  オリジナルメンバーでの歌唱は仙台に続いてツアー2度目となる、LTD02から百合子&安奈のデュエット。
 曲前におそろいのパンダの靴下の話で盛り上がる姿が微笑ましかったですね……w
 ※この話してたの二日目でしたね……いやー記憶違いって怖い汗
 そして本ツアーでとうとうトロッコが初登場!
 後ろの席のPさん的には間近でアイドルを見れて嬉しい一方で、ダンスを見たいPさんとしては物足りなさを感じるという……この辺は一長一短ですわな汗
 ともあれ、今回も二人のLOVEしたーい! 演出が見れて大満足です、はいw
 余談ですが、アウトロのコール、後半だけ『Yes!』じゃなくて『Jump!』なんですね……公演終了後に改めて聴いて気づくという体たらく((((´゚ω゚`;))))
 み、皆さんもお気を付けくださいね?汗
 
6.トキメキの音符になって 麻倉(星梨花)
 ともあれ、LTP02から大阪Day1ぶりの、ツアー2度目の披露となる星梨花ソロ曲。
 隣の友人のスイッチが切り替わってました苦笑
 福岡でお預け食らっちゃってましたからね……その反動もあったのかなと汗
 今回LVで観たのは初なんですがね、確かにトキメキの音符になりたがる友人の気持ちが少しだけわかりました汗
 『トキメキの音符になって』も『夢色トレイン』も、どちらも星梨花らしい曲だと思いますが、感想の眠たそうな仕草や声など、星梨花の魅力を一層感じられるのはこっちだな、という印象(`・ω・´)b
 
7.アフタースクールパーリータイム 藤井(恵美)
 怒涛の流れに序盤から友人の体力が削られていきます汗
 そんな、LTP04恵美ソロ曲。
 名古屋はもう色々いっぱいいっぱいで余裕が無いまま終わっちゃったんですが、改めて聴くとAメロのラップなんかも難なくこなすのはさすがの一言。
 ダンスとしては元気いっぱいに踊る姿も勿論ですが、特に印象深いのはサビ前の『可愛いね♪』のとこ、膝ついて手を振る仕草がもうね……可愛いのはそっちだろ! っていうね!(錯乱
あとホントにアレな余談ですが、『Make me Happy』が『恵美ハッピー』に聴こえてしまうのはたぶん奏多だけじゃないと思うんです……いや恵美ハッピーでもそれはそれでいいじゃないですか、ねえ汗
 はいちゃんとコールができませんでしたごめんなさい……(´・ω・`)
 
8.Legend Girls!! 田所(静香)&麻倉(星梨花)&小岩井(朋花)
 LTP02から、春香、静香、星梨花、百合子、朋花のユニット曲。
 シアター組メンバーは揃ってるのでくるとは思ってたんですが、伊藤さんを抜いてのパフォーマンスというのはちと意外……と思ったんですがねw
  理由は次の曲ですぐわかるんですが、それにしても仙台で聴いたとき以上の感動をもらえました!
 あとこれも余談ですが、とりあえず小岩井さんのブログ読んでみて下さい。リリイベに参加できなかった彼女の、この曲に対する思い入れの深さにちょっと泣けてきます汗
 
9.Growing Storm! 山崎(未来)&Machico(翼)&伊藤(百合子)&夏川(杏奈)&里果(瑞希)
 シルエットで並び立った5人の姿からの『乙女ストーム、いっくよー!』ってそりゃ伊藤さんこっちにくるのも仕方ないw
 というわけでLTH02からのユニット曲!
 幕張公演Day1は『乙女ストーム』全員集合ですので、期待していたPさんも多かったはず。
 レジェガの勢いのまま始まるイントロ、そのときの会場の盛り上がりからもそれが伝わってきました。
 
10.フェスタ・イルミネーション 諏訪(まつり)
 LTP10より、まつりソロ曲。
  Aメロ入る前のイントロですかね、ステージ前方へと階段を下りる途中、ちょっとよろけた諏訪さんの姿にちょっと焦りました……何事もなく歌い始めたのでひと安心汗
 ライブツアー初披露のこちらの曲はただでさえ謎の中毒性があるんですけど、LVとはいえ実際に歌って踊ってる姿を見ているとなんでしょうね……サビのコールで繰り返す『ほっほっ!』なんかも相俟ってなんか不思議なテンションになります……まさにまつり姫ワールド前回のステージでした汗
 
11.VIVIDイマジネーション 夏川(杏奈)
 この時の奏多の脳内
 ⇒くっそおおおお最終日までハピダリお預けかあああああああ……(´・ω・`)
 いや誤解の無いように何度でも言いますが、VIVIDも好きですからね?w
 ともあれ、奏多的には仙台公演ぶり、ツアーでは大阪公演Day2ぶりのLTH02から杏奈ソロ曲。
 歌もそうなんですが、それ以上にダンスに魅了されますよねこの曲。
 仙台ん時も書いた記憶あるんですがね、ウサギポーズが可愛くて可愛くて……いやホント困ります汗
 
12.…In  The Name Of。 …LOVE? 阿部(瑞希)
 LTH02より瑞希ソロ曲。
 阿部さんはツアー全体でみると幕張Day1のみの参加。
 他のミリ曲とはちょっと違った雰囲気を持ちながら、(奏多の思う)瑞希らしさをこの上なく表現してる一曲(と思ってる)ですので、こちらが聴きたかった奏多としては、イントロが流れ始めた時点でテンション上がってました苦笑
 機械仕掛けの人形を彷彿とさせるダンスと、抑揚の抑えられた澄んだ声で紡がれていく恋?の歌。
 「あ……美味しい」の時に浮かべたはにかみがちの笑顔やら、両手で作ったハートマークやら「プロデューサーもラブですか?」やらのせいでもう終始動悸が……どきどき……微熱に浮かされたようでした(錯乱
 
13.piece of cake 雨宮(志保)&田所(静香)
 この曲のイントロが流れるたび、「マジかよ……w」と呟いている自分がいます(´・ω・`)
 奏多的には嬉しい誤算だった、LTDの志保&麗花のデュエット。
 オリジナルメンバーで臨んだ福岡公演に続き、三度目となる今回は(個人的にはこれまた意外な)田所さんを交えてのパフォーマンス。
 どの曲でも言えますが、歌う人間が変わるだけでまた新たな一面を見せてくれるのがいいですね。
 田所さんが心なしか平山さんの歌い方を意識していた感じがまたよかったです。
とりあえず今回は互いに競い合う二人の関係性のせいか、『互いに同じ相手を取り合う女の闘い』に聞こえたような……奏多だけですか?苦笑
 
14.エスケープ 藤井(恵美)&愛美(ジュリア)
 またまたトロッコ大活躍なこちらの一曲は、LTD02の恵美&ジュリアのデュエット。
 ツアーでは名古屋、大阪両日の開幕曲だったので、今回はないっぽいかなと油断してたもんで、意表を突かれましたw
 最初は(ジュリアPのくせに大変申し訳ないことに)そこまでピンときてなかったんですがね、いざパフォーマンスを観ると、すごくライブ向きの曲でいいですねこれ……なんかホントごめんなさい汗
 疾走感あふれるメロディーに合わせて、トロッコで移動しながら満面の笑顔で歌う二人に観てるこっちまで楽しくなりました(`・ω・´)b
 
15.求ム VS マイ・フューチャー 浜崎(のり子)
 ビギナーズ☆ストライクと同じく初披露となる、LTH05からのり子ソロ曲。
 『エスケープ』の次の曲で『エスケープは許さない』というのはこれいかに(´・ω・`)
 ツアー通しても初の大きなステージにでのソロ曲披露にも関わらず、緊張した様子もなく、堂々とした歌唱を見せてもらいました。
 そして中央ステージで始まるダンサーさんたちのプロレス……w
 間奏での現地会場全体に響き渡る『のーりー子! のーりー子!』コールを受ける姿を見て、のり子Pさんは感極まったんじゃなかろうかとね。
締めの『4.16幕張! 私の勝ちってことで!』のセリフも含めて、見事なパフォーマンスでした!
 のり子の勝ちでいいです、ええw
……はい、ちゃんとLV会場でコールできなくてごめんなさい(´・ω・`)
 
16.素敵なキセキ 山崎(未来)
 第2ブロックのトリを飾るのは、LTP03 から未来のソロ。
 前奏での「のり子ちゃんすごい良かったよね! 私も負けてられないよ!」の言葉通り、さすがの貫禄を見せつけたパフォーマンス。
 一言でいうならもう『やりたい放題』(いやほめ言葉ですよ?汗)
 広いステージを縦横無尽に駆け回り、会場のPさんをもう煽る煽る汗
 全体曲3曲と同じくらい、会場が一体になって一つのステージを作り上げている、という気持ちになれる一曲。
 にしても回を重ねるごとにぴょんちゃんが求めてくるレスポンスの難易度がどんどん上がってく……求められた以上のものをちゃんと返せるように、今後もこの曲は気が抜けないっすね……苦笑
 
ここから765プロカバーコーナー
 
17.キラメキ進行形 山崎(未来)&伊藤(百合子)&浜崎(のり子)
「……え、ちょ、カバーコーナーってミリ曲もアリなの!?」
 思わぬ方向からのチョイスに驚かされたLTP02の春香ソロ。
 ノーマークだったのがホントに惜しい一曲でした……コールをこなせたらとても楽しかっただろうなぁ(´・ω・`)
 
18.待ち受けプリンス 渡部(奈緒)&諏訪(まつり)&愛美(ジュリア)
 なんとなくどこかでくるかな……来てほしいなぁ、とそわそわしてたこちらのナンバーは、『ラムネ色青春』に収録。
 やよい、伊織、真に代わり、奈緒、まつり、ジュリアでのカバーとなります。
 ノリノリで『お迎えにきたぜぇ!』と叫ぶ姿はもうホント愛美さんマジイケメン汗
 諏訪さんの『嘘つき……』にぐっと来ましたけど、二日目はこんなもんじゃなかった……w
 
19.Fate of the World 田所(静香)&小岩井(朋花)
 続いてはアニマス劇場版の劇中劇、『眠り姫』の挿入歌。
 春香&千早&美希に代わり、あずさ&ことりによるカバー。
  千早に代わって静香(田所さん)をあてるのはわかるとして、その相棒に朋花(小岩井さん)をあてるというのがちょっと意外でしたが、いざ始まってみれば、曲調、声の相性なんかを考えても納得のチョイスだったかなと。『綺麗』、『可愛い
』じゃなくて、『格好いい』という感想が一番しっくりくるパフォーマンスでした。
 サビの迫力には痺れましたね……!
 
20.SMOKY THRILL 夏川(杏奈)&藤井(恵美)&渡部(桃子)
 竜宮小町(伊織&亜美&あずさ)のユニット曲を、安奈&恵美&桃子がカバー。
 いや三人の猫ポーズがすげえ可愛かったのなんのってもう……!汗
 それだけに、前半の夏川さんのマイクトラブルが勿体なかったけど、すぐに客席から聞こえ出した歌声に、P達の団結力を垣間見ましたね!(`・ω・´)b
 
21.マリオネットの心 Machico(翼)&佑圭(昴)
 美希のソロ曲を、翼&昴がカバー。
 憧れの美希の曲を翼が歌うってところに、なんというか物語性を感じますね……『恋のレッスン~』も好きですが、Machicoさんはやっぱりこういう激しい曲が似合う印象。負けじと食らいつく斉藤さんも素晴らしかった!
 
22.虹色ミラクル 麻倉(星梨花)&雨宮(志保)&阿部(瑞希)
 アニマス劇場版EDを、星梨花、志保、瑞樹がカバー。
 マスピこないかなーくらいのことは考えてましたが、こっちがくるとはホントに予想外でしたw
 劇場版のエンディングということもあり、ここでちょっとライブツアーの終わりを意識してしまって、涙腺がじわり……汗
 
23.THE IDOLM@STER 全員
 カバーコーナー、そして前半戦のラストを飾るのはコチラの一曲。
 まだまだ初心者な奏多でも、ミリオンのメンバーが765ASsを象徴するこの曲を歌う姿に、感慨深いものを感じてしまいました汗
 そういえば全員でのカバーはこれがツアー初でしたかね……?
 いやもう無我夢中でコールしてましたね汗
 
と、ここで小鳥さんのアナウンスと共に15分の休憩に入るんですがね?

このレポもここで一度休憩を入れますw

 
 
 
……いやだって全然終わらないんだもの(´・ω・`)
こっからもう、奏多が待ち望んでたあの曲やらあの曲やらあの曲やらがくるわけで、もう少しじっくりと言葉を選びたいなと、そういう気持ちなわけでございますよ汗
というわけで次回は後半戦とMCの内容について、つらつらお話ししてきたいなと思っておりますので、もう暫しお付き合い願いますm(_ _)m
ではでは~(´・ω・`)ノシ
広告を非表示にする