読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

ミリマス3rdライブ福岡公演LV(利府会場)レポートその2(ライブ本番編①)

 おっさんの仙台探索でひと区切り入れて、肝心のライブレポ部分はまた明日~、なんてことやったら流石に読んでる皆様方からお叱りを受けそうですので、ささっと続きもアップしてしまいますw

早速続きを↓からどぞー

 

 

4.ライブ本番

未だレポの書き方を模索中でして、ちょっと構成が前回と変わっているのはご容赦ください汗

 

今回の出演アイドル

雨宮天(北沢志保役)

麻倉もも(箱崎梨花役)

伊藤美来(七尾百合子役)

上田麗奈(高坂海美役)

木戸衣吹(矢吹可奈役)

田所あずさ(最上静香役)

種田梨沙(田中琴葉役)

田村奈央(木下ひなた役)

中村温姫(ロコ役) ※ホントは黄色にしたいんですが、見えなくなるもんで汗

平山笑美(北上麗花役)

大阪不参加のKanataとしては、上田さん、田所さん、種田さん、田村さん、中村さん、平山さんは初遭遇……てかもうほとんどお初の顔ぶれですね汗

このうち、種田さん、田村さん、中村さん、平山さんは福岡公演のみのご出演……いやーもったいない汗

 

 セットリスト(と感想)

1.Dreaming! 全員

 ツアー恒例となりました、開幕Dreaming!

 Pさん達のコールももう慣れたもので、一曲目からライブの雰囲気に気持ちが切り替わります!

 

2.Understand? Understand! 上田(海美)&種田(琴葉)

 つい先日発売しましたLTD06からのナンバーが2曲目!

 海美&琴葉のデュエットということで、オリジナルの面子が揃う福岡公演でのお披露目は鉄板でしたね。快活な海美と生真面目な琴葉という、アンバランスな二人のロックなサウンドに、二人の新たな魅力を感じました。今後、コールが定番化したら盛り上がりそうなナンバー。

 

3.サマ☆トリ ~Summer Trip~ 平山(麗花)

 LTH03から麗花のソロ曲。

 会場がこのときだけ夏の終わりになりましたw

 カッコいい雰囲気の『FIND YOUR WIND』とはまた違ったダンサブルな曲ですが、明るく少しセクシーに歌いこなす平山さんは、やっぱり歌唱力が頭一つ抜けてる印象。綺麗に抜ける感じが結構好みってんですかね……(素人感想)。

 キレッキレのダンスも含めて素晴らしいパフォーマンスだっただけに、FIND YOUR WINDも聞いてみたくなる……いや、他の公演に出ないことを悲しむより、この公演で聴けたことを感謝したいですね(`・ω・´)

 

4.ココロ☆エクササイズ 上田(海美)

  テンション上がりっぱなしのまま駆け抜ける、LTP10の海美ソロ曲。

 腹筋! 背筋! 胸筋! と聴くと、今回の限定CDのWelcome!  、そして寒空の下、それを3回くらい聴かされたCD物販列が思い起こされ……うっ頭が汗

 ともあれ、コールに気を取られがちですが、諦めず、前だけ見て突っ走るという、ひたむきさ溢れる歌詞にぴったりの、元気っ娘の海美らしさを体現したようなパフォーマンスでした。

 ちなみにKanataは気付けませんでしたが、歌い出しが間違って2番になってたそうで(友人は気付いたとのこと)。そこで動揺することなく歌い上げたのは流石プロといったところかなと(`・ω・´)

 

5.おまじない 木戸(可奈)

 名古屋公演に引き続き、LTH07から可奈ソロ曲。

 2度目の出演ということで、次は『オリジナル声になって』がくるだろうと思ってたPさんたちの予想がここで破たんします。Kanataは久々のライブで夢中になってたもんで特に考えてませんでしたが、今にして思うとここでフラグが立ってたんですよね……苦笑

 ともあれ、例のDJ風の振り付けなど、安定のパフォーマンスを見せてもたいました。満面の笑顔からの『約束だよ!』の破壊力といったらもうね……w

 

6.fruity love 伊藤(百合子)&中村(ロコ)

 LTD05から、小笠原さん(茜)の代わりに伊藤さんが加わってのデュエット。

  伊藤さんは相変わらず流石のパフォーマンスでしたが、それと同じ、ともすればそれ以上に中村さんが素晴らしかったですねー。声質が近いからなのかライブ編成なのに違和感はほとんどなく、ぴったりな二人の歌唱でした。『サマ☆トリ』に近いダンサブルなナンバーということで、楽しそうに踊る可愛らしいダンスからも目が離せませんでした。

 

7.piece of cake 雨宮(志保)&平山(麗花)

  仙台公演でまさかの初披露だったLTD02の志保&麗花のデュエット。

 オリジナルメンバーが揃う福岡公演でもやっぱり披露してくれました! 可愛らしい手の動きも健在! あと一歩を踏み出せないもどかしさやら切なさやらがこもった歌詞を、歌唱力の特に高い(Kanataは思ってる)二人が歌うもんだからもうね……最高でした汗

 仙台では生で聴けて、福岡LVではオリジナルメンバーで聴けて……いやホントお気に入りの一曲なもんで幸せでしたw(まあ一番幸せなのは両方現地で聴けたPさんでしょうけども(´・ω・`))

 

8.”Your” HOME TOWN 麻倉(星梨花)&田村(ひなた)

 LTD05から、下田さん(亜美)の代わりに麻倉さんが加わってのデュエット。

 個人的にはノーマークだった曲の中で一番心に響きました汗

アイドルになるため上京してきたひなたが歌う故郷からの応援歌を、福岡公演で披露するにあたって地元出身のもちょを加えることでまた感動が倍増っていうね……この人選は巧いの一言に尽きます汗

 あれですかね、『故郷に錦を飾る』ってのはこういうことなんですかね?泣

  途中ちょっと涙腺にきて、七色色彩発光棒を振る手が止まりそうになりました(´・ω・`)

 

9.Eternal Spiral 田所(静香)&木戸(可奈)

  名古屋公演に続き、LTD02からのデュエット曲。名古屋では山崎さん(未来)が加わってましたが、今回は田所さんが加わりました。もし次があるならmachicoさん(翼)が来る予感……?

 少し大人びている静香を加えたことによってか、曲の雰囲気ががらっと変わりましたね。木戸さんもその辺意識してたのか、『歌詞分かってないでしょ』感が薄れたといいますか……これはこれで全然アリです(`・ω・´)b

 

10.あのね、聞いてほしいことがあるんだ 田村(ひなた)

 ツアー初披露となりますLTP09からひなたのソロ曲。

 田村さん、ソロでの登壇ということで緊張だったり嬉しさだったりで感極まっちゃってたんですかね、途中ちょっとハラハラする一幕もありましたが、あれを見て『頑張れ……頑張れ……!!』って思ったのはきっとKanataだけではないはず……いや最後までよく頑張った!(`・ω・´)

 次の舞台では満面の笑顔でパフォーマンスしてくれると期待してます!

 

11.ジレるハートに火をつけて 上田(海美)&種田(琴葉)

 名古屋以来となります、LTH06から、オリジナルメンバー2人によるデュエット。

 名古屋不在だった2人によるパフォーマンスでしたが、パワー不足など全く感じさせない、圧巻のクオリティでした。『Understand? Understand!』でも触れましたが、キャラクター的には別ベクトルの二人なのに息がぴったりと言いますか……ちょっと話は変わりますけど、BD購入してうまいこと同時再生したら、灼熱少女総出演によるジレハライブVerがつくれませんかね!? やっべえまだ発表すらされてないのにBD欲しくなってきた!汗

 

12.夢色トレイン 麻倉(星梨花)

  イントロ流れた瞬間、ライブ終わったら友人に何て言おうかなぁ……って考えてました……やー、フラグって二次元限定のもんじゃなくホントにあるんですね汗

 ともあれ、Kanata的には仙台公演ぶり、ツアー全体では大阪公演に続いての、LTH03から星梨花ソロ曲。

 パフォーマンに関してはもう語ることがないレベルだと思うんですが、それ以上に今回は間奏部分がね!

「みんなー、めっちゃ好いとーとよー!!!」

って叫んでからの照れ顔がまたね……いやカメラさんすげえいい仕事してたw

地元が福岡の麻倉さんならではの演出だったかなと!

 

ここから765プロカバーコーナー↓

 

13.乙女よ大志を抱け! 伊藤(百合子)&木戸(可奈)

 公演日の4月3日はご存知、天海春香ちゃんの誕生日!

 ということではるるんソロ曲くるかなーと思ってたらやっぱり来ました! さらに歌い出しでは伊藤さん&木戸さんが天海春香さん、お誕生日おめでとー!」なんていうもんだからもうね……こういう演出大好物です!

 会場のコールもひときわ熱がこもってたような…みなさんホントアイマスが好きなんだなあと再確認(`・ω・´)

 

14.KisS 麻倉(星梨花)&上田(海美)

  イントロが始まって「!?」となって、誰が歌うのかを認識して「!!?」となった一曲w

 妖艶さとは縁遠い(別にけなしてるわけじゃないすよ?汗)キャラクターの二人がいつもと全く違う雰囲気で歌う姿は、星梨花&海美というよりか、麻倉さん&上田さんといった雰囲気……ポテンシャルの高さを再確認汗

 あれ、つかまさか「どこにキスしてほしい?」くるのか?

 …くるのか!?

 ……ああああこなかったあああああ!!泣

 ……平静を装ってましたが、演奏中の頭ん中は大体こんな感じでした汗

 

15.inferno 田所(静香)&雨宮(志保)

 なんでしょうね、今回の765プロカバー豪華すぎません?汗

 曲の雰囲気にもマッチした二人の姿がもう凛々しいのなんのって……ステージ慣れしてるのか、そういう魅せ方も巧いデュエットでしたね。

原曲ペアと同じく蒼&白のライトで会場が染まってました汗

いや本当これはいつかフルで聴きたい……それが無理でも幕張でこの二人のアライブファクターが聴きたくて聴きたくて震える(錯乱

 

16.First Stage 中村(ロコ)&平山(麗花)

 まあ少し落ち着けお前ら、とでも言わんばかりに少しテンション抑え気味の一曲。

 ツアー初出演の二人にとって、これがFirst Stageということで、ぴったりのナンバーですね。演出の遊び心が光るチョイス。

 

17.チクタク 種田(琴葉)&田村(ひなた)

  カバーコーナーのトリを飾ったのは、SSAニコ生放送での記憶も新しいこちらの一曲。

 種田さんも素晴らしかったんですが、それ以上に田村さんのまっすぐな一生懸命な歌い方が曲の雰囲気にマッチしていて心に響きます……福岡公演は田村さんの歌う曲が全部こう、胸にグッときましたね泣

 

18.Fu-WaーDuーWa 木戸(可奈)&中村(ロコ)

 オリジナルメンバーがいない福岡公演でのまさかのチョイス汗

 LTP11から、平田さん(真)、下田さん(真美)、角元さん(エレナ)、戸田さん(歩)によるユニット曲。

 これはもう完全に予想外汗

 そういやどっかのコメントで見たんですが、この曲横文字が多いんですよね……実際歌詞を確認してみて下さい。

 ロコがこの曲を歌う、ってことになんとなく納得がいきますよw

 

19.透明なプロローグ 伊藤(百合子)

  ツアー初演奏となる、LTP02から百合子のソロ曲。

 仙台公演では『空想文学少女』でしたので、ここは予想通りでしたね。

 イントロから風の戦士たちに呼びかけるあたり、百合子絶好調、という感じでしたね!

 ステージでの堂々とした、それでいて楽しそうなステージはもう素晴らしいの一言。

 

20.STEROPHONIC ISOTONIC 中村(ロコ)

 いやロコがいた、マジでw

 …ええと、LTH10からロコのソロ曲です汗

 踊るアイドルたちの表情がはっきり見えるのはLVの利点だと思うんですがね、今回の公演で一番楽しそうに歌って踊る中村さんの姿がとても印象的でした。

 間奏の早口まで完璧にこなす姿は、繰り返しになりますが、本当にロコそのものでした。いやほんと今回のMRPは中村さんに差し上げたいw

 

21.Helloコンチェルト 伊藤(百合子)&田村(ひなた)

  LTP09から、オリジナルメンバーである木下さんに、伊藤さんが加わってのデュエット。

 調べてみたら、以前2ndライブでも伊藤さん歌ってたんですね、当時参加してた方にとっては懐かしさなんかもあったのかなと。

この曲はホントにコールが楽しい! 会場の一体感も最高潮でした!

 

22.Shooting Stars 田所(静香)&麻倉(星梨花)&雨宮(志保)&平山(麗花)

  ほぼクレッシェンドブルーオリジナルメンバーでの、LTH03からの一曲。

 ここで敢えてメンバーを追加しないという選択をしたステージ構成さんに感謝w

 ダンス歌唱ともに圧巻のパフォーマンス、それに合わせる凝ったカメラワークと、もう盛り上がらないわけがない!

 これで小笠原さん(茜)が揃ったらどうなってしまうんだろう……と期待でいっぱいです汗

 

23.Precious Grain 田所(静香)

 『Shuooting Star』の勢いを引き継ぐころじゃなく、さらに加速させたLTP02の静香ソロ曲。

 激しい曲が2曲続いているにも関わらず、それを全く感じさせないパフォーマンス。

 利府会場ではコールがあったんですが、これはもうコールいらないんじゃないかな……それくらい、魅せる力のある一曲でした汗

 

24.ホントウノワタシ 種田(琴葉)

  ここでまた流れを変えるチョイス。LTH06からの琴葉ソロ曲。

 自分の弱さをさらけ出せない辛さ、変われないもどかしさ、そしてそれでも変わろうという決意が、しっかりとパフォーマンスの中にこもってました。

 LTP04のステージパフォーマンスの時ですかね。

『派手じゃないし、目立たないけど、決めるときは決める、そんなアイドルを目指したい』の言葉の理想像通り、見事な歌を聞かせてくれました。

 

25.絵本 雨宮(志保)

 もうソロ曲のクオリティがどれも高過ぎてお腹いっぱいなところにトドメをさすかのような、 LTH03の志保ソロ曲。

 曲の内容が志保の内面に近いような気がして、個人的には『ライアー・ルージュ』よりもこっちが好み。

 仙台では生で『絵本』聴きたかったなー……なんて軽く考えてましたがすいません、これでよかったんですね。このタイミングで絵本を聴けて本当に良かったです。

 仙台公演に始まり、福岡公演ではリーダーという大役を果たした雨宮さん、というか志保個人としての、今ツアーの集大成のようなものを垣間見た気がします。

……まぁ幕張も両日出演されるんですけどね?w

 

26.星屑のシンフォニア 麻倉(星梨花)&雨宮(志保)

 全体曲前のトリを飾ったのはLTH09の全体曲。

 本公演のリーダー二人によるデュエットでした。

 ……いやもうどの曲がきてもね、そんなに驚きませんよ苦笑

 イントロの挨拶からしてもう泣ける……ああもう終わるのか、という寂しさが半端ないんですよもう汗

 志保が、梨花とともにリーダを務めあげ、この曲を歌うからこそ、『仲間とともにがむしゃらに、一途な明日に進んでいこう』というこの歌の歌詞が胸に響きますね。

 

27.Welcome!! 全員

28.Thank You! 全員

  この2曲についてはもう語ることがない……いや最高過ぎてね汗

 ここまで全力出し続けていたにも関わらず、この曲が始まるとまだいけるな! と思えるのは何なんでしょう?w

 カメラ慣れしてるのかカメラが慣れてきたのか、アイドルの皆さんが曲途中にLV会場にちょいちょい目線をくれるのがうれしい演出でした(`・ω・´)

 

というわけでここでおしまい……かと思いきやもう少し続きます汗

残りはMCについてちょいちょいとね。

ではでは、続きは次回!

 

 

広告を非表示にする