読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

アニメの話~Wake Up, Girls!①~

アニメの話

続・劇場版WUGを観て驚いたのは、とあるキャラのビジュアルががらっと変わっていたことでした汗

ネタバレになるんで詳しくは言えないんですが……TV放映版を最終回まで観ると何と言いますか、そう『なりそう』というかそう『しそう』な要因は思い当たるんですよ(ス〇ムダンク的な)。

ただ作中でそこに全く触れられていないのがこう何というか……Kanata、気になります!閑話休題

 

はい改めましてKanataです。

ここんとこipod画像の話題ばかりだったんで、たまにはこう、観たDVDの感想をだらだら語ろうかなとね、ええ。

 

というわけで『劇場版WUG~七人のアイドル~』の続編、TV放映版の紹介をば。

 

 

 

Wake Up, Girls!  1 初回生産限定版 [Blu-ray]

Wake Up, Girls! 1 初回生産限定版 [Blu-ray]

 

 ※下記のキーワードにピンとくる方にはオススメ。

 

・アイドル ・女子高生 ・仙台 ・ダンス ・パンチラ ・セクハラ

 

劇場版のキーワードに『セクハラ』が加わって、なんかもうひどいことになってます汗

話の都合上仕方ないんですが……(´・ω・`)

 

第1話「静かなる始動」

物語は劇場版のラストから始まる。2013年のクリスマス、小さな野外ライブにて最初で最後のステージに立ったWake Up, Girls!。とは言え、所属事務所『グリーンリーヴス』の丹下社長は事務所の資金を持ち逃げしたまま行方不明。年が明けても今後の活動についての目途は全く立たず、メンバーの七人は不安を抱えながらも、思い思いの正月を過ごしていた。そんな中、マネージャーの松田から突然の招集が。曰く「クリスマスライブをたまたま見ていた須藤というプロデューサーが今後のマネジメント協力を申し出てきた」という……。

 

劇場版未観賞で1話から見始めると「物語が解散ライブ終了後から始まる」という、見事なまでに視聴者を置いてけぼりにするスタート。

DVDで観たKanataはまだいいですが、リアルタイムで観た方はさぞや頭に「?」が浮かびまくったんではなかろうかと汗

他のアニメだと『プロデューサー』と言えばそれこそ希望の象徴、処刑用BGMみたいな安心感がありますが、松田さんが言うとなんだかちょっと胡散臭い……

追い打ちをかけるように、I-1クラブの仙台進出が決定します。

本格スタートする前から既に前途多難な雰囲気のWUGですが、満を持して登場した須藤もなんだか予想通りと言いますか……汗

 

第2話「ステージを踏む少女たち」

プロデューサーの須藤が持ってきた仕事の内容は、きわどい水着を着ての健康ランドでの営業だった。不信感を抱きつつも、覚悟を決めてステージに立つ七人だったが、セクハラじみた須藤の要求はどんどんエスカレートしていくばかり。耐え切れなくなった未夕は仕事を投げ出して帰ってしまう……。

 

第2話にして正直一番きつい回……。

あらすじがいつもより短いのもその辺の事情あってのことです汗

Kanata的にもココで観るのやめようかと思ったレベルですが、どうにかここは堪えて頂きたい……m(_ _)m

須藤さんの言ってることは間違っていない部分もある……ような気もするんですが、行動がアレ過ぎてもうね汗

下手すりゃ通報もんのセクハラに未夕がブチきれ、残ったメンバーもギスギスし始めてた(ついでにKanataも流石に限界が近づいてきていた)ところに丹下社長がボッコボコにした須藤さんを伴って帰還(`・ω・´)b

人間のクズ具合については須藤さんとどっこい(なハズ)の彼女ですが、登場タイミングが絶妙なおかげでまともに見えるのが不思議なところw

何気に『松田とWUGには手を出させない!』なんて言ってますし、社員思いではあるのかなあ……ホントに社員思いならそもそも資金持ち逃げはしませんかね(´・ω・`)

まあその辺りも真相が分かると見方が変わるんですが、それは大分後の話です。

 

後半は未夕の話になります。

アルバイト先のメイド喫茶でステージに立つ人気者の彼女でしたが、相手にしていたのはあくまでも自分のファンばかり。ですが、アイドルとしてステージに立てば前にするのは自分のファンばかりではない。自分が会ったことのない人間と向き合い、想像以上の困難を乗り越えなければいけないということに気づかされ、考えの甘さを自覚します。それでもメイド喫茶のお客さんたちに背中を押されて、再びWUGの一員としてアイドルの道を歩む決心を固めました。何よりですね(`・ω・´)b

一方そんな光景を羨む真夢ですが、果たして彼女がアイドルを辞めた理由とは一体……といった感じ。

そして社長が新しく持ってきたのはテレビ番組レギュラーのお仕事!

ようやくWUGが本格再始動! というところで次回に続く。

あれ、つか仙台にメイド喫茶なんかあったっけ……いや行きませんよ? 行きませんけどね?(^_^;)

 

ともあれ今回はこの辺で~。

次回はまたipod風画像作りに戻りますたぶんw

ではでは、おっつおっつばっちし☆

広告を非表示にする