へっぽこ千早P的オタク生活

気に入ったアニメ、漫画、ゲームの感想、最近ドハマり中のアイマス関連の話など、ヲタクな話題を思いつくままに綴るチラシの裏的ブログ

ipod画像がさらにお洒落になるまで②~ないものは想像で補う~

イベント『オルゴールの小箱』結果発表!

f:id:heppoko_chihayap:20160226162812p:image

 はいドン!!!

f:id:heppoko_chihayap:20160226162815p:image

目標2枚取りは達成しましたが、Tulipイベに続き、少々奮わない結果となりました(´・ω・`)

まああれだ、絶対特権イベが来たら(たぶん)本気出す(`・ω・´)b

 

そしてデレアニDVD/BDは、最終巻となる第9巻が昨日発売されました!

早速レンタルし、未放映の第26話観たんですが、安心のクオリティでしたw

ネタバレは避けるとして、とりあえず言いたいのは、

〇かな子の名台詞がまた聴けて何よりw

〇最初の卯月のアレの元ネタ、知らない人もそろそろ増えてきてるんじゃなかろうか……(´・ω・`)

〇良くも悪くも未央が全編にわたって大活躍だったのは何よりw

〇スクショで公開されていたしぶりんの笑顔の理由は納得です苦笑

〇最後に出てきた花がニクい演出だなあと思いました泣

こんな感じ。

まだ観てない人はぜひ!!!(`・ω・´)b

 

閑話休題

 

前回は千早誕生日記念ということで千早の壁紙を作成したわけですが、今回は本筋のエミリー画像加工作業を再開していこうかなとね。

 

f:id:heppoko_chihayap:20160221212748p:plain

というわけでお帰りエミリー!!!w

 

ひとまずここまでのおさらい。

  • キャラクタの輪郭を抜いてシルエット化
  • 肌色部分を白抜き
  • 輪郭ぼやけさせたレイヤーを重ねることで輪郭を強調

以上の3点をやってきました。

さて次はどこに手をつけようか……と考えていてふと気づく。

f:id:heppoko_chihayap:20160225234157j:plain

3か所も画像が切れてるじゃん……(´・ω・`)

名刺やら壁紙やらに利用すると考えると、上部はまだ問題ないにせよ、左右どちらも切れているのはちょっとよろしくない……。

片側だけであれば、画像を左右どちらかに寄せればいいだけなんですけどね。

どうしたもんか……汗

f:id:heppoko_chihayap:20160225234944j:plain

 

…………?

 

f:id:heppoko_chihayap:20160225235002j:plain

…………!

 

これくらいならそれっぽいの作れるんじゃね?(`・ω・´)

あくまでKanataが必要なのはシルエットですんで、輪郭だけ補えば問題ないわけで。

というわけで今回は『切れてる画像の補完作業』です!

 

キャンバスサイズの変更

 まずはキャンバスサイズを変更します。

 メニューから『画像』→『キャンバスサイズの変更』を選択。

 キャンバスサイズを、切れてる部分がある方向に伸長させます

 今回は画像左部および画像上部、ということで、幅、高さともに+100ピクセル大きくしました。

次に『オフセット』をいじります。

今はキャンバスサイズを変更しているだけですので、キャンバスにあるレイヤーのサイズは変わっていません。

ですので、キャンバスサイズが大きくなった/小さくなった後に、レイヤーがどの位置にあるのかを、『オフセット』の項目で調整します。

この数値ですが、どの部分を補完したいかによって変わります。

デフォルトの数値(X=0/Y=0)ですと、画像はキャンバスの左上に位置します。

このままキャンバスを大きくすると画像の右下方向へとどんどん余白が大きくなっていきます

逆に今回の画像のように、画像左部、および上部に余白が欲しい場合は、キャンバスを大きくした数字分、オフセット位置をプラスします。

今回の場合、幅、高さともに100ピクセル大きくしていますので、オフセット位置もX(水平方向)、Y(垂直方向)ともに+100します。

そうするとレイヤーは全てキャンバスの右下へ移動するわけですね。

 

f:id:heppoko_chihayap:20160226000653p:plain

 プレビューウインドウで目的の位置に余白ができてるのを確認してから、『サイズ変更』をクリックすれば……

f:id:heppoko_chihayap:20160226110158p:plain

キャンバスに余白が出来ました!

ちなみに上下左右、全ての範囲に余白が欲しい場合は、オフセットの数値入力ウインドウの右にある『中央』をクリックすれば、レイヤーが自動的に中央に配置されます。

 あとは各レイヤーを右クリックして、『レイヤーをキャンバスに合わせる』をクリックすれば準備は完了です。

 画像の補完

これで描画スペースが作成できましたんで、描かれていない帽子をイメージしていきますw

とはいっても特別な作業をするわけではなく、いつものようにパスを作成していきます。

キャラクターをぐるりと囲ったパスを選択。

帽子部の縁をなぞってたパスをグイっと伸ばします。

f:id:heppoko_chihayap:20160226193851p:plain

※画像は見えやすいように灰色のレイヤーを追加してます。

もいっちょぐいっと。

f:id:heppoko_chihayap:20160226194017p:plain

下をなぞってるのは、イラストに描かれてる線が長いからってだけです汗

こうやって伸ばした線の交点を『ctrl+クリック』します(線上にパスを作成)。

で、用済みになった線を削除します。

f:id:heppoko_chihayap:20160226194323p:plain

あとは点を基準にして、それっぽく(笑)線を曲げると…

f:id:heppoko_chihayap:20160226194511p:plain

帽子部の補完完了!

いやなんかホント、今回は感覚的な説明ばかりで申し訳ない限りです……(´・ω・`)

 

と、ともあれ同じ要領で右の髪の毛も補完していきます!

f:id:heppoko_chihayap:20160226194807p:plain

見えている部分の線を延長し、交点にパスを置き、外側の線だけが残るようにパス同士を繋いでいくと…

f:id:heppoko_chihayap:20160226195322p:plain

これで補完が完了しました。

というわけで着色!

f:id:heppoko_chihayap:20160226200309p:plain……どうでしょう? 案外違和感ないと思いません?汗

 

特に作業も進行してないんですが今回はこの辺りで!

次回はリボン部の抜き出しかなぁ……。

というわけでおっつおっつばっちし☆

広告を非表示にする